スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | edit | page top↑

ターミネーター4 先行上映 舞台挨拶 @ 新宿ピカデリー 2009.6.6

ジャパンプレミアが終わった後、写真を撮りあったりしている時に、アントンファンの女性と出会って「新宿行きます?」って話になり、「一番前の席取っちゃおうかな~」みたいなことを話してたんです。

私は、クリスチャンはいないし、舞台挨拶は映画の後だし、ちゃんと映画観たいな~と思ってそんなに前の席は取らなかったんですが、その方はやっぱり前の席が取れたみたいで、土曜日にすごいことが・・・!


その日は、新宿ピカデリーにて、舞台挨拶付きの上映。

予告編で見てた頃から、"My name ... is Marcus Wright"の言い方がたまらん♪(笑)とは思ってたんですが、上映中に本格的にサム・ワーシントンに惚れてしまい、なんで来日しなかったんだーーーーーー!!!と叫びたくなりました。



彼、オーストラリアのパース出身らしいですね!だからか~!(って何が!?)
途端にスケールが大きく逞しく見えてきた。ヒースの香り♪(なのか?)

映画はオマージュ満載で、たまらないシーンがいっぱいでした。
特にGUNSの'You Could Be Mine'!!

面白かったんだけど、やっぱり脚本がちょっとちぐはぐに思えたのは、途中で大幅に変更しちゃったという噂を聞いてたからかな。
リークしてしまった元々の脚本(と言われているもの)のストーリーも、ちょっとどうかと思うけど・・・

ただ、クリスチャン・ベイルは素直にマーカス役をやった方が絶対おいしかったと思います(禁句?というか、実際どうだったのかは分からないけど。)
だってマーカスかっこよすぎ・・・・


語りだすと止まらなくなりそうなので、感想はこの辺にして、舞台挨拶の様子を。。

クリスチャン・ベイルは「スケジュールの都合」でひと足先に帰国してしまっていたので、この日のゲストはマックG監督、ブライス・ダラス・ハワード、アントン・イェルチン、ムーン・ブラッドグッド。

スケジュールとはもちろん、お嬢様の金魚持ち~♪(え、違う?)
奥さんも一緒に来日してましたからね。(綺麗でした


上映が終わってすぐ始まるのかと思っていたら、待てど暮らせどやってこない。
司会の人がいよいよ焦り始めたところで、やっと到着。
登場するなり、監督暴走開始。
客席をハイタッチしながら駆け上がって、ぐるっと一周。

アントンが登場しようとすると、「ちょっと待って。カイル・リースは盛大に迎えなきゃ。叫んで!」と観客を煽って、司会も思わず「カイル・リースさん!」と呼んでました。笑
ぼうしが可愛いカイル・リースさん(笑)


その後、アントンがインタビューに答えてるところで、監督が突然ステージを降りたと思ったら、ボードを掲げてアントンファンですアピールをしていた女性の手を引っ張って、ステージへ。
(その方が、木曜日のプレミアが終わってから会ったアントンファンの女性だったのです。)

アントンがしゃべり終わったら、また監督がステージを降りて、その女性のカメラを取りに行って・・・・がさごそやって時間かかってたから、今度はアントンが自分のカメラを出して、ごちゃごちゃなって、後からカメラ取り返しにいってました。笑
やっと写真を撮ったら、監督がその女性をおんぶして席に連れて行き・・・

司会進行完全無視で、今度はキャストにも客席を回れと言い出して、自分はサインまでし始め、やりたい放題。クリスチャンもいたらどうなってたんでしょう。

アントンは女性ファンにつかまって、一人なかなかステージに帰って来れなくて、司会に「戻ってきてくださーい」と嘆かれてました。

やっとフォトセッションと思ったら、「その前に一個聞きたいことがあるんだけど・・・」ときりだして、「一番よかったシーンは?」と観客に質問。
観客の一人が「カイルとジョンが出会ったところ」と答えると、「えーシュワルツェネッガーが出てきたとこじゃないのー?」

その後も、いきなり観客を静まらせたり叫ばせたり、帰り際にステージのポスターを勝手に観客にばら撒いたり、大暴走でございました。


最後、マイクを返した後に、口に手を当てて「アリガトゴザイマシター」と叫ぶアントンが可愛かったです。

関連記事

映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
New character posters for Sherlock Holmes | top | ターミネーター4 ジャパンプレミア @ ららぽーと豊洲 2009.6.4  

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://gberryman.blog87.fc2.com/tb.php/958-17452218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。