スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | edit | page top↑

チェルシー 3-2 リバプール

うちのキャプテンが魔人様を押し倒しちゃったのがたたりましたかね~笑

全然悔しくないのが不思議で数日待ってみましたが、やっぱり気持ちに変化なし。
去年決勝で負けた時や、今季インテルが敗退した時の方がよっぽど悲しかった。
どうせマンUに勝つ気しないし、ここで負けた方が悔しくないかも~なんて冗談で言ってたけど、ほんとに悔しくないとはね~。でもそうではなくて、インテル戦やガナ戦では感じられなかった清々しい気持ちです。

ブログ巡りしても、試合内容がよかったからすっきりって方が多くて、ちょっと安心。

熱狂的レッズファン(笑)が後輩にいて、あれがなけりゃこれがなけりゃってぐちぐち言い合いましたけどね・・・
でも彼の第一声は、「スタンフォードブリッジで2得点ってどういうことですか!」でした。

アウレリオとシュクルテルの怪我、交代で出て来たリーセとヒーピアがオウンゴールにPK献上、交代枠が減って攻め手を欠く誤算、等々、考え出したらキリがないけど、そんなことどうでもいいです。
美しいゴールがいっぱいで、両チームとも泣かせてくれました。
トーレスとバベルは夢を見せてくれました。トーレスのあんな顔初めて見た。ベンチに下がったら元に戻ってたけど。笑

みんなミスばっかりでドジだけど、チェルシー相手に厳しい展開の中、熱く、最後の最後まであきらめずに戦ってるとこ見せられたら、何にも言えません。そんな選手たちを誇りに思うし、レッズファンでよかったって心から思いました。グループリーグ最下位から、インテル倒してアーセナル倒して、よくここまで来ました。スタンフォード・ブリッジであれだけ出来たのも、大きな自信になるでしょう。まだみんな若い。来季が楽しみだ!アッガーくんも帰ってくるしね♪

そうは言いつつ、こんなキャプテンの背中見せられると・・・やっぱり凹んじゃいますね。
あー抱きしめてあげたい(←超迷惑)

戦い続けたキャプテンの最後。肘には血が滲んでいました。
「素晴らしいファンのサポートに応えられなかったことが、僕たちは悔しい」
いや、ファンはそれ以上のものをもらったよ!

唯一嫌なのは…
げっ、日本に来るのはチェルシーかマンUかよ!ってことですな
まぁお金が飛んでかないので助かります(笑)
それと、来季こそはリーグで優勝争いしたいんで、12月に大いに疲れてくださるのも助かります。

キャラは、マンUよりはチェルシーの方が好きってことで、チェルシーに勝ってほしいそうです。笑

来年行きたいですな~ローマ(気が早い)。それよりリーグだね。


・・・・ん?
関連記事

サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Jon Alonso 初披露 | top | デルビー見にミラノに飛びたい!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://gberryman.blog87.fc2.com/tb.php/500-65ba4f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。