イタリア旅行記 3 いたずら

ちょっと事情がありましてテンプレート変更しました。多分すぐ戻しますが。

度々横槍が入ってすみません。2日目続きです。

イタリアの男性には、とにかくよく声をかけられました。
「チャオ!ベッラ(かわいこちゃん)!」って甘~い顔で言ってきます。かわいくなくても言ってきます。
「ボンジョルノ~」ってあいさつしてくるのは当たり前。あとは、「コニチハ~」「ナカーター」「ナカムーラー」(もうどっちもイタリアにはいませんからっ!)などなど。バールを通ったら「座ってかない?」路上販売の兄ちゃんが「サヨナラ~」の後カモンカモン♪とかも。日本語ちゃんと習いましょー。

スペイン広場付近を歩いていたら、ちょうど学校が昼休みに入ったところらしく、どやどやっと学生(高校生ぐらい?)が出てきました。で、その頃は声かけられるのが当たり前になってたので、適当に流してたら、防犯ベル鳴らされた(爆)こんなんに使ってたら意味ないだろ!!
しょうがないんで、近づいてきた男の子にあいさつ返したら、なんのためらいもなく肩組んでくるんですね。で、しばらくしゃべりながら歩いてたんですが、といってもあっちがペチャクチャイタリア語しゃべってくんので、わけわからず「ジャッポネーゼ」「おードーモアリガトゴザイマス」なんて、滅茶苦茶な会話でしたが。
んで連れ込まれそうになったのはファーストフード店(笑)かわいいなぁ全く。これがまた巧みにしつこいんだ。

こんな若い頃からこんなんじゃあねぇ、街行く男性がこんだけ声かけてくるはずだよ。

断って別れたものの、うちらもなんか食べたいね~ってことで、街の通りに面したバールでランチ♪ピザが安くてデカすぎでした。食べてたらその通りでおじさんがバスクラリネットを演奏し始め、いい気分になってお会計。
会計すませた後、名前は何?って聞いてくるんですよ。答えたら、紙に書いてと言われて、紙とボールペンを渡される。芯が出てなかったんでノックしようとしたら・・・

ビリッ

感電しました(嘘) 最初訳が分からず、もう一度しようとしたら

ビリリッ(バカ)

ノックしたら親指がしびれるんです。気付いたら爆笑されてました(くそ~)
絶対にイタリア人とは結婚しません!!爆 私のことだから、一生だまされまくって終わりそう。
隣にいた店のおばちゃんに「この人頭おかしいのよ」とかなだめ(?)られながら、その店をあとに。

CD屋さんによってイタリアンポップスを見てみたり(やっぱりアメリカ強いです。)ヴァレンティーノ・ロッシ(Moto GPの選手)のカレンダーが大量にあって感動したり(買ってくりゃよかった)スペイン広場付近でうろちょろ。
ポポロ広場ボルゲーゼ公園その後ポポロ広場に向かいました(渋いとか言わないの!)
そこから横のピンチョの丘に登り、ボルゲーゼ公園の方へ。ジモッティー(注:地元の人)がいっぱい散歩にくるようなところで、のーんびり。公園広いので全部行けなかったのが残念。
暗くなってきたので帰るかってことで、丘を降り、テヴェレ川に出て川沿いをずーーーっと歩きました。(バス乗ろうって言ったのに。笑)
ここら辺、観光客らしき人が見当たらず、車も多くて、ちょっとビクビクでしたが、楽しかったですよ、Jayウォーク♪(信号無視して横断すること。これってニューヨーク以外でも言うのかな) 信号無視というか、なんでココに信号ない?ってとこも沢山あって、面白かった。みんな無視して横断するから、車の人もわかってるんですね。最初はえー?こんな車多いとこで?っとドキドキだったけど、慣れちゃいました。おかげで日本に帰って、車も来てないのに渡れないのにイライラしております。


テヴェレ川 旧最高裁判所 サンタンジェロ城


ホテルを通るバスが出てるのが、バチカンの近くで、そこまで歩く間に旧最高裁判所や、サンタンジェロ城(※)などが見えました。
イタリアのバスは事前にチケット買わなきゃいけなくて、それにバスの中で刻印するんですが(イタリア人はそんなことしてなかったけど)直前だと不安なんで、テヴェレ川沿いのタバッキ(タバコ屋さん)やキオスクらしきところで片っ端から「バスチケットないか」って聞いていったんですが、どこにもなくて焦りました。まただまされてんじゃないかと思い始めて(笑)バス停近くの本屋にズカズカ入って聞いたところ、すんごい優しそうな兄ちゃんが申し訳なさそうに「の~」と。は~?って顔してたら、英語しゃべれなさそうだったのに、「アウトブスだよね?」とか言って頑張って教えてくれました。アウトブス=オートバスだって分かるまでしばらく時間かかったけど。結局購入したものの・・・バスの中で買えるじゃん!!(あとから聞いたらそういうのって珍しいそうですが)

バスに乗ったのはいいが、イタリアって停留所の名前もないし、放送なんてもちろんない。だから景色覚えとくしかないんです(涙)なんとかホテル前で降りられたけど、友達がいなかったら絶対無理でした。ありがとーおともだち♪

TOTTI
またバールに立ち寄ると、トッティのポスターが貼ってあることに気付きました。本当にローマではトッティ人気者って感じ。
ボルゲーゼ公園で散歩してた家族のちっこい子供までトッティの代表ユニ着てたし、トッティのバスまであった。

その日も遅くまで隣でサッカーしてまして、明日早いから早く寝たいのにうるさいから、しばらく窓から観戦(笑)

いや~充実した一日でした。

※わずかに離れた場所にあるバチカンのサン・ピエトロ大聖堂とは秘密の通路で繋がっているといわれるサンタンジェロ城ですが、今週のStrisciaの応援幕紹介でちょうど出てきたのでご紹介。⇒こちら
この番組の話題はまたいつか書きます。

関連記事

旅行記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
イタリア旅行記 4 主将 | top | COLDPLAY南米ツアー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://gberryman.blog87.fc2.com/tb.php/27-c33d4ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)