来る者、去る者・・・そしてまた29歳での決断

voroninそりゃトーレス君の方が人気もあるし、高かったし、イケメン(どうでもいいけど私の好みではない。爆 かわいいけど。)だし、話題が集中するのはわかりますがね。。。
ヴォロニン様もご到着なさったのですけど~!!ついにウクライナくんリバプール上陸です。待ってました♪しかも名前はアンドレイ!!無償でやってきたボロニン様が、高級品トーレスくんより大活躍しちゃったらどうしましょ♪

とここまでは昼書いてたんだけど、夜になったら公式に出てた♪
10番 ! ! ! ? ? ? 「ルイスの後誰がつけるんだろうねぇ。オーウェンに取っといてほしいねぇ。いや、期待の若手に!まぁ、10番なしでも・・・」なんて話してたのに、君かよ!いや、期待してますよ♪




そうは言いながら、トーレスくんのことが頭から離れません。別に好きでもなかった人がなぜか急に夢に出てきて、いきなりその人のことが気になりだすってことがあるんですが・・・まさにそれ。先日書いたように、リバポのみんなに悪戯されてる夢を見てから心配で心配で(笑)
でもね・・・・今年やるか知らんけど、クリスマスの仮装大会は、大丈夫そうだ。

今まで全く興味のなかった選手なので、ちょっくら画像探しの旅に出てきましたが、集めた画像はまた次回。なんとも頼りなさそうな「見かけ」が、ヘタレ好きの私の心をくすぐります。いや、ヘタレじゃいかんとですけど。高かったんだから!
あ、でもそんな報道されてるほどではなく、初め報道された49億円での成立だったみたいです。これにルイガルの安すぎる移籍金約6億半・・・だから、40億弱?

リーガもよく観てるサッカー部の友達に聞くと、「トーレスは代表じゃ微妙だけど、若いし、えぇ選手ばい。」ということでした。ただ移籍金に見合うかは疑問だと。プレッシャーで潰れなきゃいいけどって。この移籍金、この騒がれ方じゃ、期待も重圧も大きいでしょう。でも今までだって重圧の中でプレーしてきたんですよね。
「僕は、今このクラブにいたなかで、今が一番悩んでいる。このクラブチームがどっしりと僕の肩に乗っているようだ。たくさんの人が僕に出て行ってほしいと思っている。僕が出れば、クラブに大金をもたらすからだ。僕がただ居心地がいいから留まっている、というのを聞くと胸が痛むよ。僕にとってはチェルシーに行くほうがずっと楽なのに。」
こんなコメントをしていた時もありました。 (チェルシーかいっ)

95-96シーズン、リーガ・エスパニョーラと国王杯の二冠を達成。しかしその後クラブ運営面で失敗を続け急降下、ついに99-00シーズンを19位で終え降格。そんな中、「学校の友達はみんなレアルのグッズを持ってて、学校中がレアルサポーターみたいだったけど、ボクだけは堂々とアトレティコのジャージを着て学校へ通ってた。」というほどの生粋のアトレティコファンで、地元カンテラ出身のトーレスは、アトレティコファンにとって希望の星となり、19歳の若さでキャプテンマークを巻き、期待を一身に背負ってプレーしてきました。チームメイトの入れ替わりは激しく混沌として、名門の威信を取り戻せないアトレティコ。自分の愛するクラブのために全てを捧げて、一人でとても重いものを背負ってきたトーレス。その思いは最後の記者会見で「この決断は僕が決めたものだということをはっきり言っておきたい」と強調したことにも表れていると思います。そして、「クラブのためになることに期待している」と。

「どこにいても僕のハートはアトレティコにある。僕が入団して以来10年間、応援してくれたファンには感謝の言葉を送りたい。想像できないくらいの愛情を注いでくれた。今回の別れが『またね』になればいいと思っているよ。これが誰にとっても良い決断になるだろうと思っている。チームメイトたちに幸運がありますように。ここはクラブじゃなく、僕の家族なんだ。」

1人目のフェルナンドくん(>モリエンテス)の二の舞にならぬよう、早くフィットしてくれるといいなぁ。(あ、ちなみに私はモリエンテスが大好きです。)


「たくさんビデオを見たけど、アンフィールドでのプレーがどんな感じなのか実際経験するまでわからないと思う」
そうだよねぇ。私も新スタジアムに移る前に一度アンフィールドを経験したいです。




アトレティコにとってのトーレスは、"Hasta luego" かもしれない。でも、リバプールはガルシアに "Adiós" と言わないといけないでしょう。



こんなに突然いなくなっちゃうなんて・・・しかも最後がこんな姿なんて・・・
garcia.....


悲しすぎます。なぜ今なのか。もちろん、機会を逃したくなかったんですよね。スペインへ復帰することがルイスの夢だったから。トーレスの件と一緒にでてきたことも悲しいです。トレードではないとは言っても、やっぱりつなげて考えてしまいます。ラファ自身、彼の熱狂的なファンだったから、本当は出したくはなかったはず。でも本人の意思なのだから、本人が悩みぬいた末に出した決断なのだから、それを尊重するしかありません。新天地での幸せを願うだけです。

レッズの10番として、オーウェンの影を吹き飛ばし、移籍してきたシーズンのチャンピオンズ・リーグで大活躍。イスタンブールの奇跡へ導いてくれたのは、ガルシアでした。今年のチャンピオンズ・リーグでも、決勝にルイガルがいればっていう声をどれだけ聞いたことか。

アロンソのトレードの噂の時は、ガルシアは「エトーよりもアロンソの方が大切だ」って言ってくれた。そんなアロンソとは、「二人で買い物に出かけたら、エバートンのケイヒルが、リバプが負けたマージーサイドダービーのDVDのサイン会やってて、エバートンサポに囲まれちゃったよ」なんちゅーエピソードもありました。笑

明るい性格で、みんなに愛されたガルシア。若く見えるけど、彼も来年で30歳です。怪我で失った出場機会、家族のためのよりよい環境、そしてスペインでのタイトル獲得の夢・・・・理由はいくらでもあるでしょう。苦渋の思いでスペインに戻ることを決意したガルシア。
去年のシェヴァ、今年のアンリと同じ29歳での決断。

  「厳しい選択だった。世界最高のサポーターのいる世界最高のクラブを去るわけだからね。素晴らしい3年間を過ごす事ができた。決めたのには多くの理由があって、色々と思うことがあった。リバプールは本当に良くしてくれた。常に心で繋がっているよ。ここで多くのタイトルに恵まれて本当に幸せだったけど、スペインでトロフィーを掲げる機会を不意にしたくなかったんだ。」

「アトレティコで長年良い結果が残せていないのがずっと気にかかっていた。だから復帰したことに大きな夢を持っている。(中略)イングランドでタイトルを獲った今、僕の目標はそれをスペインでも同じように、アトレティコですることなんだ。アトレティコは僕にとってとてもスペシャルなクラブ。大好きなんだ。」
いつもの笑顔のガルシア・・・・。こっちは気をもんでたのに、さっさとお披露目しちゃってさ。 もうガルシアはレッズの10番じゃないんですね。ルイス、3年間本当にありがとう。アトレティコに行っても応援します♪アトレティコでもみんなに愛される選手でいてね。

リバポ公式のこの記事を読んで泣きそうになりました。

He may only be five foot seven but thanks to Luis Garcia Liverpool fans were taken to football heaven and back on numerous occasions in the past three years. And for that, he'll forever be fondly remembered in these parts.
 
Thanks for the memories and good luck at Atletico. 




アロンソ王子のお兄様、レアル・ソシエダ在籍のミケル・アロンソ、現在ボルトンのトライアルに参加しているらしいです!!

この動画見たときあまりに可愛いんで、弟かと思っておりました。

きゃは☆そっくりだ~


関連記事

サッカー、F1等スポーツ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
七夕 | top | イタリア語テスト(1つ目)終了

comments

#
おはようございます。
トーレスくん情報、興味深く読ませていただきました。
あの騒がれ方、わたしも気になってました。なるほど、それが苦痛だったんですね。
>「チェルシーに行く方がずっと楽なんだ」
は?意味不明です(笑)。でもほんとに来てたら、別の意味で楽じゃなかったと思うよ~(笑)。
ルイス・ガルシアはわたしもショックでした。あの弾むようなプレーがイングランドでもう見られないと思うと。。。
そうそう、ヴォロニン様をどうぞよろしくお願いいたします。カイトくんと被りそうですが、汗をかくのを惜しまないいい選手です。
がんばれー!ヴォロニン!!!
panda7 | 2007/07/07 09:23 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは☆ヴォロニンてば10番なんですか?!すごい!!
29歳ってホント最後の決断をする年齢みたいですね。
ルイス・ガルシアはシェヴァのように苦労しないといですね・・(^^;)
トーレスのことは私も全然知りませんが、かわいいしすごい選手みたいですね。
でも若くしてここまで騒がれちゃうとちょっと心配かも・・。はにかみ王子も大変そうだし(笑)
来季はリバポ戦がさらに面白くなりそうで期待しています☆けっこう早めに当たっちゃうんですよね。
ヴォロニンに逢えたときのシェヴァの笑顔に一番期待しています(笑)
haru | 2007/07/07 10:23 | URL [編集] | page top↑
# panda7さん♪
>は?意味不明です(笑)
そうなんですよ~。まったく、シェヴァの苦労も知らないで!
極端な話・・・ってことで許してやってください。笑

>ルイガル
プレミアには珍しいタイプで、レッズに色んなものをもたらしてくれて、いつも楽しませてくれたのに、本当に残念です。

>ヴォロニン様
英語しゃべれるんですかね~?ドイツ語しゃべれる人もいないので頑張って!
いいですよねヴォロニン♪楽しみにしてます!!
Sango | 2007/07/08 00:42 | URL [編集] | page top↑
# haruさん♪
10番、びっくりです!リバポサポは結構微妙な反応なんですが、活躍してぎゃふんと言わせてほしいです。

ルイガルの場合は古巣復帰ですし、プレースタイルもリーガに合ってると思うので大丈夫だと思います。きっと・・・

はにかみ王子・・・そうですよね(笑)若い子はそっとしといてやってほしいです。
正直トーレスくんが来たからって全然安心できないんですが(笑)プレミアに合うかもわかんないし。来季も不安です~。そうそう、確か3戦目あたりでしたよね。
ヴォロニンとシェヴァ、二人の競演が見れますように!
Sango | 2007/07/08 00:55 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://gberryman.blog87.fc2.com/tb.php/137-d6bd1a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)