スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | edit | page top↑

お知らせ

ふー、いい週末でしたー。

リバプールはマンUに何年ぶりか知らんがやっと勝てたし(キャプテンのシャビへの優しい言葉に泣いたー)、インテルは今季も10人で戦ってるし(勝ててよかった)、カカシェヴァ復活だし(私はそれだけでいい。笑)、グティがマドリ通算5000ゴール目を決めるし、F1ではフィジコが、というかフォースインディアが初のQ2進出だし!!!(決勝も頑張ってたのに・・・最後は悲惨でした)、ベッテルくんが、トロロッソのベッテルくんが、なんとまさかのポール・トゥ・ウィンで最年少優勝記録更新だし!!!(大興奮)、MotoGPはロッシ4連勝!ひゃっほー

これで心置きなくウクライナ旅行に…ではなく、
COLDPLAY追っかけてヨーロッパに…でもなく、

二週間ほど手術のため入院します。

実は航空券も取ってて、本気でヨーロッパツアー(ミュンヘンかミラノ)に参戦するはずだったんですが。笑
そしてミラノダービー観戦!!!
いいんです・・・ユーロ08で平均身長一番高かったのはドイツ代表ですよ~
サマソニでも苦労した私がドイツでかなうわけがありませんよね。
あ~でもダービー断念は・・・シェヴァが復帰した今は相当悔しいです。

サマソニレポやっとアップできてよかった。長いので、読まれる方はごゆっくりどうぞ。

コメントは見れるので、いつでも大歓迎(笑)
誰かが何か変なことしたら、何かあったら教えてくださいね。
それではまた~463
スポンサーサイト
サッカー、F1等スポーツ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SUMMER SONIC 08 TOKYO 8.10 sun COLDPLAY


テレ朝の「サマソニ完結編」のインタビューで言ってたんですが、アリシアは「コールドプレイの直前にでることを希望した」らしいですね。直後に彼らのライヴを見られるように(笑) 「コールドプレイのファンに徹したかった」そうです。

わざわざ別記事にしといてなんですが・・・・はっきり言って、あんまり記憶がございません(えぇぇ)
なんせあの体調不良で、水も酸素も足りてない状態でしたから(笑)
2曲目までは必死で耐え、あとは音楽に身をゆだねて、歌って叫んで飛び跳ねてました。

せっかくプレッシャーかけられてたのにw(の割には激遅レポですみません)、これだけではさすがにあれなので・・・でも書き出したら止まらなくなりそう・・・
というわけで、長いです。しばらくブログ更新しないので、ゆっくり読んでください
Reed more...
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SUMMER SONIC 08 TOKYO 8.10 sun

サマソニ日記 2日目

The Wambats とか The Ting Tings とか Vampire Weekend とか見たかったんですけどね~、なんやかんやで寝るのが遅くなってしまって起きれませんでした。

なんとか間に合ったのがMUTEMATH。
ちょっと・・・すごいもの見ちゃった。
歌はもちろんだけど、パフォーマンスがすごいんですよ。ドラマーすごすぎだし、メンバーが入れ代り立ち代り楽器を持ち替えて、3人でドラムセッションしたり、ボーカルのポールはキーボードの上に乗って倒立したり、そのまま回転しちゃったり(爆) やばすぎ。
ノーマークだったのですが、強烈でした。
ほら、飛んでる~笑 → → → →

終わってちょっと休憩してから、水などを調達してマリンスタジアムへ入ったのが15:00過ぎ?ここから地獄の6時間が始まります。笑

まずはThe Kooks。ルークがCOLDPLAYのことを世界一のバンドだって言ってくれたり、'Violet Hill' をカバーしたりしてくれてたので注目してましたが(単純)、楽しかった。黄色い悲鳴に答えるルークの「ウフフ」と、素敵過ぎるスーツとネクタイ姿のドラマーさんがツボでした(代役の方ですよね?)
'Do You Wanna' の途中で「すわてください」と言い出すルーク。前の方とかギュウギュウでなかなか座れないのに、みんなが座るまで「すわてください」と何度も言い続けるマイペースなルークさん。どこで立つのか指示もなかったのですが、みんな一斉にジャンプして立ち上がって大成功でした。

Kooksの時も結構前の方で見てたんですが、終わると同時に押されたり引っ張られたりしながら前へ前へ移動。端の方がステージの近くに行けることは分かってるのに、やっぱり真ん中にいっちゃうんですよね~。小さいくせに!
マリンで唯一の日本人アーティストがRADWIMPSだったわけですが、ほとんど知らなくて・・・なのに周りは熱狂的なファンばかりで、完全アウェー状態!あまりの密集具合に早くも酸欠~!なんせ私151cmしかないので、風がきた時に上向いて一生懸命空気吸ってました(笑) そして約一時間、ライヴの間中友人たちと手を繋いでひたすら耐える!というバカみたいなことやってました。一緒に飛び跳ねればいいのにそんな気力ないので、周りで上下に揺れる群集に酔いそう・・・。ほとんど肉眼でステージを見ることはできませんでした。

やっと終わり(ファンの方すみません・・・)、お次はAlicia Keys。
ほとんど人が減らなくてがっかり。ギュウギュウ詰めの中、開始時間がかなり遅れてちょっとイライラしていたところで、退屈してなぜかオアシスを歌いだす外国人の集団に和まされました。
始まるとわっと人が押し寄せて、もみくちゃ。後ろから押しまくられるんで、朝の満員電車の要領で(笑)こっちは寄っかかってやりました。らーくちん♪
アリシアすごかったです。まさに熱唱。バンドはコーラスにホーンも加えたビッグバンドで、オーディエンスを巻き込むようなパワフルなステージ。あんなにちっちゃいのにどこからあんなパワーが出てくるんでしょう。'No One' の大合唱は忘れられません。
それにしても美しい~233 なんてったってグウィネスを除いて世界一美しい(by クリス)んですからね~笑
アリシア・キーズ、サマソニ3万人が涙の大合唱
ALICIA KEYS @ SUMMER SONIC 08(BMGの輸入盤のブログ)

ここで、さすがに辛くて友人二人が脱落。COLDPLAYのために頑張ったのにここで諦められるはずもなく・・・あとは一人でCOLDPLAYへの愛だけで乗り切りました。

つづく。
音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SUMMER SONIC 08 TOKYO 8.9 sat

夏フェス関連の雑誌、とりあえず、これだけは買いました。
BUZZ

サマソニレポ、ある程度書いてはいたんですが、
テレ朝の放送も終わり、いい加減アップしないと、というわけで・・・

サマソニ日記 1日目

予定より一時間遅れで着いてしまい(笑)、JOE LEAN AND THE JING JANG JONGは見れず。
このバンド、名前聞いた時からツボだったんですよ~(笑) でもあんまり曲知らないからいいか。

マリンスタジアムに着いた時には、OneRepublicが始まっておりました。着いたばかりだというのに、そそくさとスタンドに腰を下ろす私・・・笑 二日間ともあまり暑いと感じることなく涼しく過ごせましたが、この時だけは炎天下で暑かった!というわけで、遠目にのんびり見てましたが、のびのある歌声で本当に気持ちよかったです。
リアーナの『アンブレラ』のカバーもやってましたね~♪
'Apologize' もいいけど、やっぱり 'Stop and Stare' が好きです。

OneRepublicが終わると、ビーチステージへ。
海の風とビーチの砂が気持ちいい~♪
そこでOld Man Riverです。なんて平和なんだ!!笑
歌って踊って叫んで、みんなが笑顔になれる幸せな空間でした~
'La' ではいつも通り観客をステージにあげてました。ほんとに楽しかったです(いや、私は上がってませんけど。笑)
 Nippon ichi ban! (Old Man River - MySpace blog)

お次はソニックステージにてCAJUN DANCE PARTY。
そんなに詳しいわけではないんですが、ちょっと期待はずれだったかな~(というかほとんど記憶がない・・・苦笑)

終わって再びビーチに戻ったのは16:00ぐらい。
前の方に座ってPaolo Nutini待ち。(異様に外国人率が高かった気がする)
おかげで真ん中の二列目付近で見れたわけですが、なんとパオロたん松葉杖で登場!
日本にいる間に何が??でも、逆にそれを楽しんでる感じで、松葉杖振り回したり、けんけんで踊ったり、さすがパオロ!でした(何が)
座って歌ってるせいで、いつもの猫背で下向いて目つぶって(半目で?)歌う姿があまりなく、キモさ半減で残念でしたが(おい)
今回初めて生で聞いたのですが、あの搾り出すような声に心が震え、その歌声から発せられるパワーに圧倒されました。そして、満ち溢れている楽しい空気・・・もうすごいです。大好きです。
新曲やカバー曲などもやってくれてましたね。
新譜発売も楽しみ189

マリンではPanic At The Disco。
いったんアリーナに入ったんですが、ビーチではしゃぎすぎた疲れがどっと来てスタンドに避難。あれ?あんなにかっこよかったっけ?とか思いながら休憩してましたが、あまりにスタンドがつまらなかったのと、VERVEを間近で見たい誘惑に負けて、終わってから再びアリーナへ突入~(体調不良気味だったし、二日目のために体力温存しとくはずだったのに)。右の方ですが、結構前に行くことができました。

で、The Verveですよ。
なんか、今でもライヴ見たことが信じられません。
私は10年前ファンだったわけでもないし、来日署名運動とかももちろんしてません(だってその頃まだ小学生・・・笑)。それでも、奇跡的に実現した来日に感動せずにはいられませんでした。そして、途中で自然に涙が・・・
尋常じゃないオーラと存在感。重みのある音。独特の世界観に鳥肌が立ちっぱなし。かっこよすぎます。
歌も演奏も完成度がすごくて(クリス見習えっ!笑)・・・特に最後の2曲、'Bitter Sweet Symphony' と 'Love is Noise' ・・・もう何なんですか、この感動。完全に飲み込まれちゃいました。

セットリスト
This Is Music / Sonnet / Space And Time / Sit And Wonder / Life's An Ocean / The Rolling People / The Drugs Don't Work / Lucky Man / Bitter Sweet Symphony / Love Is Noise

そうそう、'The Drugs Don't Work' の途中でミスっちゃって、リチャードは次にいこうとしたんだけど、観客の反応を見て(かな?)もう一回やってくれました♪
あと、どの曲だったかな?近くの外国人カップルが二人で踊り始めて迷惑がられてました。笑

BUZZ に載ってたんですが、リチャードは来日中ずっとUK時間で生活していたから、彼にとってこのステージは寝起き一発目!だったらしい。
 
とにかく、伝説的なライヴでした。あの空間にいられたことが幸せ。
【ライヴレポート】ザ・ヴァーヴ@サマーソニック08 8月9日東京会場
Reed more...
音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Coldplay watch Cole play

すみません、私じゃないです。Sunですよ、こんな題つけたのは。
一部が日本の記事にも・・・Coldplay サッカー見たさに公演に遅刻
(mixiニュースにまで載っててびっくりしました。笑)
イギリス人なんで・・・すみません。相手はスペイン人だから、問題ないよね♪(おい) 日本でやっちゃったらどうなるんでしょうね~(笑) こちらでもウィルが、「前半だけ見た。」と白状しております。

こちらの記事では、「試合後、隣の会場からCOLDPLAYのライヴが聞こえてきたんだけど、"spider's web" and "I'm caught in the middle" ('Trouble' ですね)ってイングランドの監督にぴったりの歌詞だね!」



そんな(?)ヨーロッパツアー、特にフランスでは大成功してるようですね~。ウィルはリヨンでのライヴが今までで最高だったかも、と言ってます。全ての曲がNo.1スマッシュヒットソングみたいだったと。

Live Lyon photoblog
朝から晩までの詳しいレポートが載ってます。
「ジョニーとウィルがサッカーのゲームして遊んでたよー」ってとこに、ジョニーがトッテナムマガジンのインタビューを受けたって書いてあるんですけど(笑) 読みたい!
写真も最高。真ん中当たりにクリスのホラー顔・・・4個先のガイに癒される。ガイがメガネかけてるー。クリスのTシャツは何?爆

これはパリですが、'The Scientist'(大合唱) 'Viva La Vida'(歌う前も終わった後もおおおーおおー♪ クリス、ごろごろして幸せそう

それより、最近 'Cemeteries Of London' が入ってますねー!!かなり嬉しい。ファンサイトでの要望を見たわけじゃないと思いますが、かなり熱望されてたので。私もこの曲大好きです。
'Reign of Love' もやってるみたい。'The Hardest Part' ピアノバージョンは毎回やってるし、'Postcards from far away' って曲もピアノでちょこっとやってますが、すっごく綺麗!
あとは、'The Dubliners'、'Don't Panic' なども。'Yellow' はアンコールで演奏してるみたいです。
あいかわらずサティのグノシエンヌも弾いてます。(サマソニでも弾いてたのに気付かなかった音大生ですw)

それから、Viva la Vida remix ってのが加わって、パリのBercyでは観客が一斉に携帯振っててとーっても綺麗でした。さすがパリジャン(笑)
パリには Patrick Bruel と Lenny Kravitz が来てたそうですよー。

ステージの設定も色々変えたりしてるみたい!早く見たいけど、Twisted Logic Tour みたいに最後が日本(去年南米ツアーもやってたけど)!とかでもいいなぁ♪

ライヴやサウンドチェックの様子などがこちらに。
マンハイムのサウンドチェックで、クリスにギター取られちゃったジョニーが、ピアノ弾いてるウィルの代わりにドラム弾いてたって・・・かわいいな。
'One I Love' もやってたそうですよー!!近いうちにライヴでやるかな?
卓球に代わって(笑)サッカーをするウィルとジョニーの写真や、Hardest Part(ピアノソロ)の音声も。



VIVA LA VIDA TOUR で着てる服はスタジオでみんなで作ってるそうなんですが、クリスによると、「編み物クラブのおばあちゃんのグループみたいだけど、本当なんだ。それによってヴィジュアルのアイデンティティをコントロールできる」そうです。(訳が微妙でごめんなさい)



「サマソニ08完結編」見ました。⇒動画(COLDPLAYのみ)

サマソニでのColdplayのインタビューって、ジョニーだけ違うソファーに深く腰掛けてる(他の3人は一緒のソファーで身を乗り出してるのに)からあんまり好きじゃない(笑)
やっぱりジョニーとガイははみ出してソファーの肘掛に座ってないと!

何かが落ちてきて戸惑ってるジョニーがかわいかった。
(クリス:どうした? ジョニー:紙が落ちてきた。 クリス:あ、ごめん。←なんで。笑)
ガイ:来るたびにちょっとずつ日本のことが好きになるよ。何度戻ってきても本当にすばらしい国だよ。
クリス:僕らの成功の秘訣はU2やグリーン・デイが休んでる時にアルバムを出すことだ。



こちらのスペインのインタビューもユルくて面白かった。
ジョニーは'Lost'、クリスは'Viva La Vida' と '42' を演奏するのが好きらしい。

レアルが好きかバルセロナが好きか聞いてもいいか?という質問に即効 NO! って言ってます。
俺たちが話さないことが2つあるんだけど、一つは結婚のこと、あと一つはバルセロナorマドリードだ(笑)

「僕のおばあちゃんは多分COLDPLAYのこと知らないんだけど、COLDPLAYの音楽をどう説明すればいい?」って聞かれて、「U2みたいって言えば?」「U2も知らないよ。89歳だから。」「じゃあ・・・Julio Iglesias と Frank Sinatra が赤ちゃんを生んで・・・Judy Garland と・・・」とかごちゃごちゃ言ってたけど、結局「俺たちのハンサムなベースプレイヤーの写真を見ればいいよ。きっと俺たちを気に入るさ!」だって。


おばあちゃん気に入った?



ルーブルに行ったよ!fromガイ



爆笑。同じような写真を3月に撮ってきましたが(笑)、なかなか人が入らないように撮るのって難しいんですよ!



こちらによると、12月に出るEP に入るのは、
1. Prospekt’s March
2. Famous Old Painters
3. Death Will Never Conquer (Hidden track: Postcards From Far Away).
4. Glass Of Water
5. Leftrightleftrightleft
6. Poppy Fields
7. The Dubliners
らしい。最後まで入れるか迷ってた曲が何個か入ってますねー。笑
'The Dubliners' はもうライヴでやってるし、'Prospekt’s March' は 'Life in Technicolor' の続き?
左右左右左、前から気になってたんですが!笑 早く聞きたいぞ。
'Glass Of Water' はサウンドチェックでやってたらしいから、これも近いうちにライヴでやるかも♪
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Ask the Oracle

夢の中でどっかのテーマパークに行って、トム・ヨークに出会う私。
変な部屋に連れて行かれてピアノの前に座らせられる。
怖そうな人たちがいっぱいいて、みんなでセッションして、一曲終わるごとに桃のゼリー(なぜ?)が配られるんだけど、うまくいかなかった罰なのか(笑)私だけもらえない。
その後も怖い黒人さんに邪魔されながらピアノの前で奮闘しておりました。

ていうかなぜトム・ヨーク?Radiohead の来日公演行けないのに・・・



今更ですが、Coldplay.com の Oracle、面白いですね~。毎日すごい量の質問に答えてくれてます。
読んだ中から気になったものを。

  • Coldplay は Muse が好き。2000年にMuseのサポートやってますしね。
    クリスは「'Clocks' はMuseにインスパイアされたもの」と言ってたとか。

  • 最近クリスはAとM(AppleちゃんとMosesくん?)、グウィネスはC(クリス)のタトゥーを入れたそうです。笑

  • 'Spies' はジョン・バリー(ボンドのテーマ等の映画音楽作曲家)にインスパイアされて書いたものらしい。その頃(1999年)、007 The World Is Not Enough が製作中でした。

  • The Nappies の5人目の人はColdplayのサウンドエンジニアのDan Green。
    なんで5人なんだろう?って思ってたんです。笑

  • Brixton academyでのライヴで 'Square One' の最後に 'Call the Shots' を歌ったのは、クリスがGirls Aloudのファンだから(爆)
    そのことを話してるラジオのインタビューとライヴの様子がこちらで聞けます。

  • バンドにリーダーはいないけど、もし決めきれないでいることがあれば、大体ウィルが最後の決定をする。

  • アルバムが出る前、Grey's Anatomyで 'Death and All His Friends' が流れた(最初 YouTubeで 'Lovers In Japan' だと間違われてたやつ。笑)。
    Michael Stipe & Chris Martin のデュエット、'In The Sun' も使われた。

  • ロンドンマラソンに出ようとガイが決めたのは、たった9週間前。フルトレーニングをしたのは6週間。
    トレイナーのDanと一緒に、3時間59分でゴールした。

  • 'The hardest part' が嫌いなのはジョニーとガイ。笑

  • クリスのギターに書いてある "NO ME LLORES" は、"don’t cry for me"という意味だそうです。



  • 'Yellow' のPVが撮影されたのは、Studland Bay(⇒Wikipedia
    イングランドで一番美しいビーチの一つと言われている。


それで思い出したけど、Viva La Vidaのビデオ(王様バージョン)はオランダのハーグで撮影されたそうです。ユーロ08開催中に(って関係ないけど。笑)
池の中にあるお城はビネンホフ(今は中央官庁が集まっているらしい。一番下にある「騎士の館」もビデオに出てきてましたね)、ミニチュアの街はマドローダム、ビーチはスヘフェニンゲン
あぁ・・・ハーグ行きたい!
マウリッツ美術館には、フェルメールの「真珠の耳飾の少女」もあるんですよね♪
音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Rolling Stone

どーん。

やっぱり囚人に見えるー(禁句)

買っちゃいました。予想以上にインパクト大。これを横に置いて作曲でもしたら、なんか・・・できそう(なんで)
渋谷にはもうなかったよーって聞いてたので心配してたんですが、ダメもとで行ってみたらありました♪(吉祥寺のHMV)色々あってイライラしてたのがふっとんじゃいましたよー。8ページあるのでじっくり読みます。

いきなり最近ロバートロバート言い出してる感じですが、記念すべき(?)このブログ最初の記事で「ロバート・ダウニー・ジュニア・・・好きです。一つ一つの表情が最高におかしい。」と書いてたことに気付きました。笑

ついでに、過去のRolling Stone誌の表紙画像をもらってきました。(クリックで拡大)


映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

オスカー展望 !?

OSCAR PLANET様より

『The Soloist』(ジョー・ライト監督)はロバート・ダウニー・ジュニアが主演、ジェイミー・フォックスが助演でプッシュされるとの噂が流れている(9/12)


主演男優賞 ロバート・ダウニー・ジュニア
助演男優賞 ヒース・レジャー

完璧じゃないですか。なんだかんだいって、やっぱり助演はヒースを推したいので。
え、ロバートは「トロピック・サンダー」で助演獲っちゃうとか?それはさすがにないよね~
OSCAR PLANETのYoshi 様は助演のフロントランナーに入れてくださってますが。笑

The Soloist 公式サイト に予告編がアップされていました。
精神分裂症でホームレスのチェロ奏者を描くドラマ。監督は、「つぐない」、「プライドと偏見」のジョー・ライト。あー早く見たい!(といっても日本で見れるのは来年だけど)

映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

P.S. I Love You ジャパンプレミア @ TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 2008.09.10


これで今夏、3人のセルティックサポーターに会ったことになります(笑) パオロ・ヌティーニ、ジェームズ・マカヴォイ、そして今日のジェラルド・バトラー♪
あ、映画の中でパオロの 'Rewind' が流れてましたよ♪ アイルランドのパブで(笑)
Paolo Nutini - Rewind from P.S. I Love You
"P.S. I Love You" Soundtrack
エンディングで流れるはずだった James Blunt の 'Same Mistake' が日本の歌に変えられていてがっかりでした。

座席引換が朝からという迷惑な時間設定だったため、本やら教科書やら五線紙やら持ち込んで、六本木に入り浸ってました。なぜかああいうところって集中できるんですよね(笑) 本一冊読んでしまっちゃった。途中で友達の呼び出しでパリ音楽院のオルガンの先生の講義を聞きに学校に行きましたが。(3時間フランス語とオルガンの音のシャワーで夢見心地・・・)

座席引換券を受け取ったのが10時前で、皆さんそれからずっと18時~のレッドカーペットに備えて並んでおられたみたい。私も最初は最前列にいたんですが、途中で移動させられたので即あきらめました。そこまでファンってわけでもないですし(笑)
学校に行く前、12時頃覗いたら、既に柵の中満員でした。TOHOシネマズの入口付近(階段上がったところ)の超狭いスペースだったので。一般のお客さんも来るのに、邪魔!笑

というわけでレッドカーペットは完全にあきらめ、ゆっくりご飯食べてから映画館へ。友達のお金が底をついて、「どうしよう、帰れない!ジェリーにめぐんでもらおう。」「じゃあプラカードに "I'm hungry" って書くんだ。」「100円でいいんだけど・・・」とかバカなこと言ってるうちにご本人登場。かなり近かったです。メディアの方の席除いたら3列目?お金のことなんか忘れてうっとりため息をもらしている友人・・・

生ジェリーは予想以上に背が高くて面白くて素敵でした。映画の中でもジェリーって名前なんですよね(笑) 通訳の人に「僕の言ったことと違う!」とか「長いな~」(←君がしゃべりすぎ)とか色々ちょっかい出してましたよ。

映画もよかったです。久々にああいう映画見ました。ストーリーもキャストもいいんですが、何よりいいのは、あのアイルランドの美しい風景。ある本でアイルランドの緑についての描写を読んでから、憧れの地なんです。あぁ、緑がまぶしい。紫のヒースが咲き乱れてる。コテージも、田舎道も、パブも、そして出てくる人物も素敵。
悲しくてみんなグスグスやってたけど、それでいてなんだか幸せになれる映画です。
P.S.アイラヴユー公式サイト


P.S.(笑) ヒラリー・スワンクを初めて可愛いと思った。(あ、失礼?)

映画 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヒュー・ローリーとユマ・サーマンがズラタンと共演

イタリアの Mediaset Premium のCMなんですけど、去年はズラタンとピッポ(& ペレ)が出演してましたよね。ヒュー・ローリーとユマ・サーマンのCMもあったみたいなんですが、今回は3人(& ミッキー・マウス)が共演♪

 

Premium Gallery(映画やディズニーなどが見れるんでしょうか)に5ユーロプラスでカルチョも見れるよ!ってこと?
ズラタンもミッキーやろうよ(笑) 英語字幕付き → [ 1 ] [ 2 ]

ヒュー・ローリーといえば、こちらの2006年のゴールデングローブ賞のスピーチが大好きでした。
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ついに・・・

スマスマ放送されちゃいましたね~
途中で思わずギャアと絶叫してしまいました。覚悟はしてましたが、心臓に悪い・・・
海外フォーラムでも、BWAHAHAHHAHAAHAH! つって早速紹介されてました
あ~もうすみません。(→ どうでもいいけど、右の写真はガイ・・・らしいです)

とか言いつつ、クリスのおなかとガイのどアップにキャーキャー言ってたんですが(バカ)
こうやって並ぶと、クリスの落ち着きのなさがよくわかります(笑) それに、クリスでかいな。

「誰ともコラボしたことない」なんて、嘘付け(「テレビでは」と言ってましたが)!!!と思ったんですが、確かにCOLDPLAYとして、4人全員でやったことは少ないのかも。(クリス、'It was a honor for us' とか 'This was better' とか言ってましたね。笑) Jay-Z とエルトン・ジョン以外でぱっと思いつくのは、リチャード・アシュクロフトぐらい?

クリスが色んなアーティストとやってるから沢山やってる気がしたんですが・・・Oasisのノエルとの時もジョニーとクリスだけでしたしね。
まだまだあると思いますが、COLDPLAYやクリスが他のアーティストとコラボした時の映像、こちらにちょっとまとめてみました。Dy-na-mi-tee がお気に入りです♪

そんなに似てる?色々書き込みを見ていて、クリス・マーティンがジェンソン・バトンと似てるだとか、シェフチェンコと似てるだとか言われていてちょっとびっくり。私は似てると思ったことはないけど、私好みの顔ってこんな顔なのか~と納得してみたり。笑


さて、話は変わりますが、TOKIO HOT 100 の二週にわたってのインタビュー、なかなか面白かったです。
VIVA LA VIDA、首位に返り咲いてましたね(笑)

今週の分。

世界中でヒットしているVIVA LA VIDA、今年最大のヒットになりそうな勢いなんですが、どうやってこの曲が生まれたのか、その瞬間を覚えているか、ヴォーカルのクリスに問いただしました。

クリス:この曲がどうやって湧いてきたのか・・・うーん、雲の上から来るんじゃないかな。どっからこういう曲が生まれるのか自分でもよくわからないんだけど、一つだけよく覚えているのは、ウィルともうちょっと強力な、もっといい歌が必要だと話していて、土曜の午前3時頃ベッドに入っていた時に、誰と一緒だったかはちょっと覚えてないんだけどw (え?4人一緒に寝てるんじゃないんですか?爆)、ふと、'I used to rule the world' というフレーズが頭に浮かんだんだ。遅いからもう寝ようと思ったんだけと、いや、起きてこれを書かなくちゃだめだ、という声がしたんだよ。それで一気に書き上げたんだ。ウィルにそれを見せたら、ウィルが、うん、これだよ、この曲だよ!と・・・

私もそんな経験がしてみたいです... なーんて。

ニューアルバムのジャケットに使われているのは、19世紀ロマン主義を代表するフランス人画家、ドラクロワの絵画「民衆を率いる自由の女神」という非常に有名な名画ですが、どうしてこの絵にしたのか聞いてみました。

ウィル:実は僕たちは一度もドラクロワのその絵を見たことがないんだ(笑) そんなに有名な絵だって知らなくて、周りの人がみんな、あ、あの絵ねっと言っているのを聞いて、初めて有名だってことに気付いた。それだけ僕たちは文化的に無知なんだよ。教養を欠いている。そんな連中さ。それにしても・・・だから絵を使用するのにあんなにお金がかかったのか。

いや、ウィル、冗談だよね??笑
クリスさんも、「本音なのか冗談なのかよく分かりませんが、非常に有名な絵なので・・・一応コールドプレイみんなちゃんと大学も出てますので、この辺は知らないわけがないだろうと思いますけども」だって。笑
「ちなみに、Dragon Ash の昔のジャケットとかぶってるよ、と教えようと思ったんですけれども、やめました。」だそうです。(え、教えようよ!)

クリス:ジャケットのアイディアは、僕ら4人がお城を攻撃して、その中の大切な絵画を落書きで滅茶苦茶にしてやろうというところから生まれた。そこで美しいドラクロワの絵に、アルバムのタイトルを書きなぐって、台無しにしたんだ。

先週のは、ほとんどどっかで読んだり聞いたりしたことのある内容でしたが、一応・・・
Reed more...
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

そんなに変?

The Verveというか、リチャードのこちらのインタビュー、超!かっこいいんですけど! でも、あんな長い沈黙があったら、私なら泣きます(ぇ)

TOKIO HOT 100で言ってたんですけど、来日中リチャード一人だけ別行動だったらしく、ライヴの一時間前に恵比寿のホテルを出発。なんとか10分前に到着し、メンバーとも挨拶せずにステージに挑んだそうです。
ライヴ後ホテルに帰ってからのインタビューがこれですね。「近くの蕎麦屋に立ち寄った所、そこで女優の桃井かおりに遭遇。ナント扇子をプレゼントされたんだとか。」だって(笑) 扇子を持つ手がたまりません。



8月30日にBBC Radio Theatreで行われたCOLDPLAYのギグ、BBCのサイトではUKの人しかビデオが見れなかったのですが、YouTubeにアップされているのをすぴかさんがまとめてくださいました。いつもありがとうございます!!えーと、いつか見ます。

それから、6月の方のBBCのライヴ(日本でこの間放送されたやつ)、失敗してた~って泣いてましたが、録画できてたようです、最後の方で失敗してたみたいで、変なところに入ってました。高画質~♪ ワーイ!
その放送に向けて、コメントを録画したみたいなんですが、NGとOKテイクの動画がこちらに。
クリス、ちょっとお疲れ?

'Fix You' は録画できてなかったのでうろ覚えなんですが、「リッキーがもっと上手く歌ったよ」とか言ってましたよね?Ricky Gervais も来てましたからね。Extra出演時にリッキーと歌った 'Fix You' はこちら。(この動画、何回も紹介してる気がする。笑)

COLDPLAYのオンタマ、フルバージョン出ました!ありがとうございます!

そういや、この間の動画って4日目も抜けてた?

スマスマは来週らしいですね~♪ また外国の皆様に crazy だ weird だ言われるんでしょうか。笑
Coldplaying.comのフォーラムで色々言われてたのが面白かったので、ちょこっとご紹介。
Reed more...
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アイアンマン ジャパンプレミア @ 国際フォーラム 2008.09.04


なぜかこんなことに・・・笑

ろばーとぉぉぉお!

食中毒だって聞いて心配してたけど、無事、レッドカーペットにも、舞台挨拶にも登場してくれました!泣
北京オリンピックのメダリストが4人も来てたので(北島も飛び入り参加!)、明日結構テレビで放送されるのでは?

色々とお聞きして、心配で夜も眠れなかった二日前(ほんと、無事来日してくれてよかった)。
昨日は疲れていただろうに、元気に記者会見に登場してくれました。
そして今日は食中毒(何を食べたんだ!)で「いいとも」出演はキャンセル。まだ体調悪かったんじゃないかと思いますが、その後のイベントではそんな様子を全く見せず、楽しいロバートでいてくれました。

懲りずにまた日本に来てね。

今日はギリギリにしか着けないはずが、予定より早く会場に行けたので、いい席を確保することができました。10列目だったけど、実際は前から6列目ぐらい(国際フォーラムで!)でした。映画は見にくかったけど(笑)
のんきにカフェなんかに入ってる間に開場を待つ列が出来ていたので、急いで並びましたが、結局レッドカーペットは4列目ぐらいにしか行けず。この夏何度自分の背の低さを恨んだことでしょう(笑) でも、チラチラとしか見えないけど、こんな近くにロバートがいる!それだけでなんだか感動・・・・。15年ぶりですよ!(もちろん来日が。15年前私は・・・小学校入ったばっかり?笑)

舞台挨拶も楽しかったです。真ん中のところがキラキラ光るスーツで、泣きそうなぐらいかっこよかった(泣くな)
スクリーンに、手を広げたロバートの影だけ映って、だんだんスクリーンが上がっていく・・・という登場のしかたには、大歓声とともに笑い声が・・・笑(そのせいで、北島の登場の時の方が歓声大きかった気がするんですけどー!)

座席次第では豆粒ぐらいにしか見えないだろうと思って双眼鏡も持って行ってたのですが、肉眼で、こんな近くで見れるなんて(泣)
なんて感激してて、何話してたかあんまり覚えてない(またか!)・・・。でも、終始笑わせていただきましたー♪

「もしこの映画がつまらないって言うなら、その人は頭がおかしいね。でも僕もおかしいから、その人と気が合うかも」なんて言ってましたが・・・映画面白かったよ!気が合わないのか・・・

大変な中、一人でプロモーションご苦労様でした。

帰ってから録画してた「いいとも」を見たら、昨日の夜からずっと吐いてたそうで・・・
あ~、スーザンさん来てなかったのかな~。一人だったらかわいそすぎる・・・

「できれば今度は妻と息子を連れて日本を旅したい。みなさんも僕の家族と一緒に旅に参加してください。300人の記者達が付いてきたらどんなに楽しい旅になるかな。みんなありがとう」(シネマガブログ)なんて言ってたらしいから、やっぱり来てなかったのかな?

あ、そういやクリス・ペプラーの家に行くの忘れてた!
クリス・ペプラーが司会してたんですが、ロバートが、「プレミア終わったら彼の家でパーティーやるからみんなで押しかけよう!」って言ってたんです(笑)

 その他来日記者会見関連記事
『アイアンマン』ロバート・ダウニーJr. 記者会見(動画)
「ダウニー一人で一生懸命プロモーションしてます!」日本大好きな“アイアンマン”
ロバート・ダウニーJr.が15年ぶり来日、大作に主演した本音をポロリ?
イタズラ好きな世界最強のCEO - ロバート・ダウニーJr.が来日会見
ロバート・ダウニーJr.15年振りに来日!(映画情報のスペシャルブログ)
日本の大人「頑張れよ」 ロバート・ダウニーJr.来日
「ポスターのヒロイン(グウィネス・パルトローさん)にキスをして会場を後にした」 ええええ!笑
そういえば・・・この動画最高♪ ロバートかわいすぎ


 ジャパンプレミア関連記事(追記しました)
アイアンマン ジャパンプレミアが行われました!(映画情報のスペシャルブログ)
北島康介も参戦! 金・銀・銅メダリストと並んでダウニーJr.「僕は“鉄人”さ」
『アイアンマン』北京メダリストも絶賛
北島康介も飛び入り!北京のメダリストらがハリウッドスターと爆笑トーク
北島康介も登場!「アイアンマン」ジャパンプレミア
アイアンマン:主演のダウニーJr.がロボットスーツと対面 (写真がいっぱい)

今日は、ロバートの画像大放出!とはいきませんが(笑)、ちょこっと。
rdj-1.jpg


映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

WANTED ジャパンプレミア @ STUDIOCOAST 2008.09.01


Jamesに会ってまいりました。

DAIGOファンのおば様方の後ろからの圧力に屈しまして、いえ、そのおかげで(笑)、レッドカーペットの際、ほとんど一番前で見ることができました。握手もサインもしてもらえて、ふわふわです。
ミス・ユニバース・ジャパンの美馬寛子さんとも握手させていただきました。森さんと一緒に現れたんですが、DAIGOそっちのけで二人に釘付けでした。あとは黒木メイサとかフィギュアの荒川さんとか、そのくらいでしたかね?

残念ながら写真撮影禁止だったため(やってる人もいたけど)、'Piccy?' 'Just a bitty.' (*1) の野望は崩れ去りましたが(笑)、Jamesがあまりに近くで見れてパニックになったのか、ペンを紙の下にして差し出してしまって(バカ)「ペン持ってる?」とか聞かれちゃいました。いや~すみません
時間が押してるというのに超ゆっくりファンサービスしてくれたので、思う存分目の前で堪能できたし、一番端っこだったのでメディアに対応するJamesもずっと見ることができて・・・幸せすぎました。

舞台挨拶もかなり前の方で見れて、もういちいち反応が可愛すぎてよく覚えてません(おい)。どっかに動画が出るでしょう。とにかく日本を楽しんでくれてるみたいでよかった~♪
あと、露出の激しいお姉さん方(ダンサー)に囲まれての写真撮影の時のもじもじ具合が最高でした。
DAIGOともかなり仲よさそうにしてましたよ(笑) 最後に、「DAIGOが『ウォンテッド』って言った後、『ウィッシュ』ってみんなでやりましょう。ジェームズ・マカヴォイさんも。」(またさせるか!!*2)って司会の人が言ってたんですが、それをなっちゃん(戸田奈津子)が訳してなくて、大丈夫か?って思ってたら、身振り手振りで隣のDAIGOに一生懸命聞いてました。笑
あ、あと、日本のラーメンが気に入ったそうです。「こむらさき」はいかが~?
それにしても、ほとんどDAIGO目当てなのかと思ってたら、Jamesファンもいっぱいいてよかったよ~泣

あ、映画?映画は・・・Jamesは可愛いしオカシイしかっこよかったですけど、うーん。なんだかつっこみどころ満載というか。最初は面白かったんですけどねぇ。
何ヶ月か前に、多分Flixだったと思うけど、Jamesの特集が8ページぐらいあった号があって、それに「出演作ではいたぶられ気味」とか書いてあって笑ったんですが、この映画でも思う存分いたぶられておりました(爆)

実は私、このプレミア当たらなくてあきらめていたんですが(「せっかくJamesが日本にいるのに~!」ってジタバタして友達を困らせていました。笑)、今日ぎりぎりになって誘っていただいたのです。本当に感謝しております。学校に行ってからレッドカーペットイベントがあることを知ったので、サインしてもらうものとか何にも持って行ってなくて、即席でパンフレットの下にノートを敷いてやってもらいました。

明日(もう今日か)ロバート・ダウニー・ジュニアをお迎えに成田行こうかな~と思ってたんですが、もう満腹。明日はやめときます。
『アイアンマン』はジャパンプレミア当たったので楽しみ でも、今日は早く行けたけど、その日はギリギリにしか着けなさそうなんですよね~ 皆さん何時頃から行かれるんでしょうか(今日の一番早い人は朝の5時から並んでたそうです!ちなみにイベントは19時~)。

*1 『ウィンブルドン』で、ポール・ベタ兄のどうしようもない弟役やってるんですが、テニス選手であるベタ兄のファンの子がJamesに「一緒に写真を撮って」って言った時のやりとりがこれ。監督とベタ兄にも、この韻の踏み方がウケる!って笑われてました。このシーンじゃないけど、「彼のコメディーセンスは天性のものだ」とも言われてましたよ~♪
まぁとにかく!Jamesに 'Piccy?' って聞いて、'Just a bitty.' って言ってもらって2ショットを撮るのが夢だったのです(どんな夢だ)

*2 この前はCOLDPLAYにやらせてましたからね。「COLDPLAYもやったんだから」なんて変な義務感で私もやっちゃいましたよ(爆)

関連記事
HOLLYWOOD CHANNELシネママガジンcinemacafe.net『ウォンテッド』 記者会見(動画)

来日記念に、James McAvoy 素敵写真を大放出。 ↓↓ 画像をクリック ↓↓

映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

クリスが髪剃っちゃったらしいですよ!

ライヴ前のインタビューで、ジョニーが「君のために胸毛剃ってきた」(?)とか言ってて、クリスは「頭剃ったんだ」とか言ってたけど、また冗談ね、とか思ってたら・・・・

ほんとに剃っちゃったっぽい。ちらっと写真見たら、つるピカだったんですけど
軽部さんに「モジャモジャ」って言われたからって・・・(違)

そんなこと途中まで知らずに聞いてたギグ、ものすごくよかったです。

'Clocks' で、The Verve の 'Love Is Noise' を歌いだすクリス!!!最高!!!
でもそれ、サマソニでやれーーーーーーーー!!(あ、でもその時アリシアがいたのか)

あと、クリス一人で弾き語りの 'The Hardest Part'
1oct下げたりしてしっとり歌ってて、sooooo beautiful でした。
この曲大好きなんですよ。もう、全ての動きを止めて聞き入っちゃいました。
それもサマソニでやれーーーーーーーーーー!!

これはサマソニでもやってた 'GPASUYF' のアレンジ。超かっこいい。
あの興奮を思い出しちゃいますね。

クリスは相変わらずのハイテンションでしゃべるしゃべる・・・。
'The Hardest Part' の前、観客に「暑いからジャケット脱いでもいいか?」って聞いて、とっくに脱いでた3人にブツブツ言ってたのがかわいかったです。
この曲をソロで演奏した理由は、「二人は好きなんだけど、あとの二人が嫌いだから」。「ほら、3人とも演奏してくれない。Ego tripだ!」とか言ってました(たぶん)
'DAAHF' の始まりの時「ちょっと静かに」って言ってたのもおかしかった。

'Trouble' の紹介で、「これかなり古い曲なんだ。君たちが40にもなってない頃の・・・」とか言ってた(気がする)んですが、レポによると本当に平均年齢がかなり高くて、50歳ぐらいだったとか。またクリスの冗談かと思ったよ。いや、ジョークだよ!って何度も言ってましたけど。笑

ちょっと気になったのが、'42' の最後、バックでトラック流してたのが聞こえちゃったんですよね。クリスがミスっちゃって。
"We're using a CD, that's laziness for you"(?)って正直に言ってたのがクリスらしくてよかった

セットリスト
Life In Technicolor / Violet Hill / Clocks / Viva La Vida / 42 / The Hardest Part / Chinese Sleep Chant / God Put A Smile Upon Your Face (techno version) / Yellow / Lost! / Trouble / The Scientist / Lovers In Japan / Death And All His Friends

これでラジオは終わっちゃったんですが、会場のファンにはこの後リクエストを聞いて、'Strawberry Swing' を歌ってくれたそうです。
'In My Place' も 'Fix You' もなかったんですね。。
あと、本当は 'What If' をやるはずだったのにクリスが勝手に'Trouble' と 'The Scientist' に変えちゃったらしい。



直前のインタビューも二つともほんとに面白かった。とかいってほとんど分かってないんですが(笑) 誰か訳してー!

ずっとBBCつけっぱなしにしてたんですが、Dermot(?)が、「もうすぐCOLDPLAYが来るよー!」って浮かれてたのがかわいかったです。そして終わったら、「どうだ!超いいヤツらだろ?」

最初に「ガイって素敵な声してるんだね」なんて言うもんで、クリスが「ガイに聞けよ」「ガイが話すよ」っとやたらとガイに絡んでました。ロンドンマラソンの話も。

BBC6に移ってからは、結構日本の話もしてくれてました。
新幹線に乗ったときの話とか、ステージでガイが服が臭くて怒ってた(?)とか、あまりに汗臭いんで、アリシアと一緒にピアノ弾く時手を上げないように気をつけて、トム・ヨークみたいに動かないで歌ったとか・・・?
オフィシャルに載ってた写真の、新幹線で読んでた本のことも話してたような。(The Audacity of Hope らしい。笑)
あとは、サッカーの実況の真似やったり(何やってんだ)

それからなんと、REM の Michael Stipe と対談。
マイケルが数年前「クリス新曲聞いてくれよ」って言って歌ってみせたそうなんですが、それはジョークで 'Speed Of Sound' のメロディーを使ってたらしい。それにクリスは気付かず、Amazing! って興奮してたとか。笑

今年アルバム出すってのは本当か?って聞かれて(Steveがマイケルに聞かせてた。笑)、ヒソヒソ声で、EPを12月26日に出して、アルバムは来年の12月に出すとかなんとか言ってました。
その場でマイケルに相談してたんですが、EPのタイトル(?)は、PROSPEKTS MARCH??

あ、このライヴとインタビューの内容は、私の怪しい英語力と記憶力と妄想力によるものですので、参考程度にしといてください いつか聞きなおしたら、また直します。
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。