スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | edit | page top↑

Friends of Heath

追記4

ミシェル・ウィリアムズの公式声明⇒"My heart is broken"

この写真見たときはあまりにヒースに似てるんでびっくりしたんだけど、顔だけじゃなくて、パパの素晴らしい要素をを沢山受け継いだんだね。本当に感動的な文章です。

"All that I can cling to is his presence inside her that reveals itself every day."

According to Williams, that spirit manifests itself in Matilda's burgeoning curiosity, her love for all creatures and her fearlessness in tackling new challenges.

"His family and I watch Matilda as she whispers to trees, hugs animals and takes steps two at a time, and we know that he is with us still," Williams said. ""She will be brought up with the best memories of him."



追記3

ゴシップなどは載せないでおこうと思ったのですが、一応PEOPLEだったので。コチラに撮影現場でのジェイクの様子などが書いてあって、本当にかわいそうで・・・

"He was there, but he wasn't with us. It was obviously a major trauma," says the movie source. "These guys were very close. [Jake] was sitting in the director's chair staring off into space."

あぁ。。ジェイク・・・・

本当かわからないけど、こんなエピソードも

The 27-year-old's somber mood is a sharp contrast to the happier times on the set of Brothers. During one intense early prison scene, Gyllenhaal jokingly reached into his pocket and took out a picture of his Brokeback beau to stick on the prison wall. "Like those prisoners put [loved ones] on the wall, but Jake's was Heath Ledger," one set source recalls. "That was hilarious. It was a nice moment."

The source adds, "When you think back on it now, it's touching."




追記2

HOLLYWOOD CHANNEL に、ダークナイト(バットマン)の監督クリストファー・ノーランのコメントが。

「ヒースは創造力に溢れた役者だった。それは彼の演技を見ればわかるだろう。かつて彼は私にこう言っていたことがある。次の仕事に取り掛かるまで、自分の中にクリエイティビティ欲がじわじわと湧いてくるのを感じるのが好きだ、ってね。

彼はその空気を現場にも持ち込んだ。良い作品をつくるためとは言え、文句ばかり言うクリエイターに自分のことを恥ずかしく思わせる俳優は滅多にいないけど、ヒースは明らかにそういう俳優だったよ」。

またノーラン監督は、ヒースが「ザ・ダークナイト(原題)」の完成版を劇場で観られないことを非常に残念に思うとも言う。

「毎日編集室で、彼の顔を見、声を聞いているよ。でも本当の彼に会いたくてたまらない」


監督・・・・涙。
英語の元記事はコチラ。素敵なエピソードがいっぱい。製作者の側からも結構関わらせてもらってたんだね。



追記1

なんとコチラに、"The Imaginarium of Doctor Parnassus" を撮影中のヒースの動画がアップされています。たまたまロンドンの撮影現場の隣のビルに住んでいた方が、騒音のことで文句を言うために証拠映像として携帯で撮影したもののようです。このサイトによると撮影されたのは1月19日とのこと。
アクション場面かな?道化師の格好で元気よく動いてます。

あぁ、このヒースの最後の演技をお蔵入りさせないでほしい。魔法の鏡を通り抜けてジョニー・デップになるでも何でもいいから(そう報じたのはSUN...だけどジョニーだったら本当にいいな。)撮影再開して完成させてほしいと私は思います。



この前リバポ公式でペナントが、「この前ペイントボールしに行ったんだけど、リーセめっちゃうまいんだぜ」って言ってたんです。前クラブをあげて(それこそ監督まで)遊びに行ってペイントボールやらアーチェリーやらやってたんだけど、これも恒例なんでしょうか。

私にとってペイントボールといったらこれです。本当に大好きなシーンなの。


もちろんこの映画のハイライトは ↓↓ ですが。


校内放送乗っ取る → ブラバン買収 → オトコ嫌いのジュリア・スタイルズに告白……の粋なトリプルコンボ
少々クサいかもしれんけど、
コレやられて気ィ悪くするオンナはまずいないであろう超強力必殺技(笑)
byジョーカーさん(勝手に使ってすみません)

思えばこのブログでヒースへの愛を叫んだことってほとんどなかったんですよね。2年半ほど前、mixiを始めた頃ははまりにはまっていたので、いろんな方に、ニュースを聞いた時私のことを思い浮かべたって言われました。学校で、これまたヒースが好きな友達に泣きつき、mixiや訪問先のブログ、そしてもちろんこのブログを通してあたたかいコメントやメッセージをいただいたおかげで、だいぶん元気になることができました。本当にありがとうございます。

ヒースのかつての共演者や友人たち、そして元恋人たちにも大好きな人が多いので、彼らのことも気がかりでしたが、少しずつわかってきました。
ナオミ・ワッツは参加していたサンダンス映画祭の全ての公式出席をキャンセル。
ミシェル・ウィリアムズはスウェーデンで行われていた撮影を中断しマチルダちゃんと共にすぐにNYへ。
二人は、NYのFrank E. Campbell葬儀場で、身内や一部の友人のみによってささやかに行われたプライヴェート・メモリアル・サービスに出席。

その後ヒースの遺体はオーストラリアに向かう前に一旦ロスへ運ばれ、土曜日の夜にビバリーヒルズホテルにて、ナオミやミシェルを含む家族や友人によるスペシャル・メモリアル・ディナーが開かれたそうです。その前にウェストウッド・ヴィレッジ・メモリアル・パークにて行われたメモリアルでは、ナオミは明らかに動揺していたと報道されていますが、その食事会ではみんな笑顔でハグしあい、手を取り合って慰めあうポジティブなグループだったと書かれていました。

一番心配だったのはジェイク。ニューメキシコで撮影中でマスコミを全てシャットアウトしていたということでしたが、一時的に撮影を抜け、ロスに戻っていたようです。メモリアルディナーのあった当日の朝、帽子と大きいサングラスで顔を隠し、リースやリースの子供たちと一緒に散歩をする姿が写真に撮られています。⇒コチラコチラ


こちらはG'Day USA: Australia Week 2008にて読まれたヒースのお父さんによるメッセージです。
とても美しかったので載せておきます。

“Heath is, and always will be, an Australian. He adored his home. His last two weeks with us over Christmas in Perth were just bliss. Heath did not become an actor for the fame or fortune. He loved his craft and he loved helping his friends. He loved chess and skateboarding too. My image of Heath in New York is him with his skateboard, a canvas bag and his beanie. That was Heath to me.”


ダニエル・デイ=ルイスの話題は前回の記事にも追記として載せましたが、またも感動的な話が。
アメリカ映画俳優組合賞(SAG)で見事主演男優賞に輝いたダニエル。無事に例年どおり行われた授賞式にて、「この主演男優賞をヒースに捧げたい」という感動的なスピーチをしてくれました。 動画はコチラ

You know, for as long as I can remember, the thing that gave me a sense of wonderment, of renewal, the thing that teased me with the question, how is such a thing possible, and then dare you to go back into the arena of one more time, with longing and self-doubt, jostling in the balance. It’s always been the work of other actors, and there are many actors in this room tonight, including my fellow nominees who have given me that sense of regeneration and…
Heath Ledger gave it to me. [applause] In “Monster’s Ball,” that character that he created, it seemed to be almost like an unformed being, retreating from themselves, retreating from his father, from his life, even retreating from us, and yet we wanted to follow him, and yet we’re scared to follow him almost. It was unique.
And then, of course, in “Brokeback Mountain,” he was unique, he was perfect. [applause] And that scene in the trailer at the end of the film is as moving as anything that I think I’ve ever seen. And I’d like to dedicate this to Heath Ledger. So, thank you very much. Thank you so much. [applause]

時間がある時にちゃんと訳したいと思いますが、ヒースがどんなにユニークな俳優で、インスピレーションを与えてくれたか、「チョコレート」や「ブロークバック・マウンテン」での演技を例に述べています。「ブロークバック・マウンテン」での演技は完璧で、最後のトレイラーのシーンの演技には、自分が今まで見た中で何よりも一番感動した、と。

なんか懐かしいです。2年前のヒースのSAG授賞式での映像はコチラ。この件でも色々言われたな~、ヒース。緊張してたんだ!!って言い訳してましたが。ジェイク困ってるから!ヒースはイニス役の演技を絶賛され、オスカーを含む多くの賞にノミネートされましたが、ほとんどフィリップ・シーモア・ホフマンに持ってかれて、当時の私はかなり恨んでました(笑)でも、まだ若いからこれからもチャンスはあるよね!って私自身も思っていたし、投票した人たちもそう思っていたんだと思います(もちろんホフマンが素晴らしかったからでもありますが)。

追記  (AFPBB News にスピーチの要約があったので引用)

■ 急死したヒース・レジャーを追悼

 主演男優賞の受賞挨拶で演壇に立ったデイ・ルイスは、22日に急死した俳優ヒース・レジャー(Heath Ledger、享年28)に「この賞を捧げる」と語った。

「共演した俳優仲間もそうだが、ヒース・レジャーもわたしに再生の感覚を与えてくれた俳優だ。彼の演技は『どうしてこんなことが可能なんだ』と思うくらい感動的だったし、演技を続ける意欲をわたしに与え続けてくれた」

 デイ・ルイスは、レジャーが演じた2001年の『チョコレート(Monster's Ball)』での自殺する息子の役や、2005年の『ブロークバック・マウンテン(Brokeback Mountain)』の同性愛者のカウボーイ役について、以下のように語った。

「『チョコレート』でレジャーは息子役を演じ、父親、自分自身、人生、観客などすべてから一歩身を引く未熟な人物を作り上げた。我々はその人物に恐怖を感じながらも惹かれていた。非常に独特な演技だった」

「『ブロークバック・マウンテン』でのレジャーの演技は完ぺきだった。これまで見たどの作品よりも、あの映画のラストシーンには感動した」


更にバックステージでもヒースへの思いを語っていたようです。

Asked backstage why he'd decided to dedicate the award to Ledger, he said,
"I suppose that's all I've been thinking about for the last few days.
I never met him. I thought he was beautiful. I just have a very strong feeling that I would have liked him very much as a man. ...I admired him very much."

ここ数日ヒースのことばかり考えている。彼には会ったことがないけど、彼は美しいと思っていた。一人の人間として、彼のことをとても好きになるだろうと非常に強く感じていた。私は彼のことをとても尊敬している。


そして、メディアに対して、Leave him alone!! We should leave his family alone と。

ダニエル、ありがとう。あなたのおかげでやっと少しだけ涙を流すことが出来た。あまりに自分が泣かないから戸惑っていたんです。でも前にもあったんですよね。本当に悲しい時って涙も出なくなっちゃうんです、私・・。前は「息子の部屋」というイタリア映画がきっかけで、一生止まらないんじゃないかってほど、堰を切ったように涙が流れ続けて、それで今では受け入れられるようになったんですが、今回はいつそれがやってくるのか、それともこのままなのか・・・

また何か情報があったらこの記事に追記していきます。他の俳優仲間からのコメントや詳細情報などについては、作品提出が終わってからボチボチまとめてアップしたいと思ってます。


スポンサーサイト
映画 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

もう無理。

ブラッド・レンフロの時はなんとか耐えられたけど、ヒース・レジャーは・・・思い入れが強すぎて。
どうしたらいいのかわかりません。
誰か嘘だと言って。

訃報を聞いて丸一日経ちますが、まだ茫然としています。
朝バタバタしていたので、知ったのは昨日の夕方。
最初嘘か冗談か誤報か何かだと思った。でもすぐに真実とわかり、背筋が凍りつき、震えながら固まって・・・次の瞬間学校を飛び出して雨の中泣き崩れていました。

でもそれがいったんおさまると、何か平然としてるんです。
とっても辛いのに、胸が痛いのに・・・
愛犬が死んだ時と一緒。全く信じられなくて・・・・どこかであの屈託のない笑みで笑ってる、そんな気がして。

今朝 JAPAN TIMESの1面にヒースが載ってるのを見て、ちょっと実感がわきました。
詳しいことははっきりしたことがわかってから書きます。というか辛くてネットもあまり見ておりません。あらゆる憶測が混じった根も葉もない情報なんて見たくない。ヒースが一番嫌ってたことです。
まだヒースの魅力を語る気にもなれません。語りだしたら言葉も涙も止まらなくなりそう。ファンが作った追悼映像を見ようとしたけど、一瞬で涙があふれだしてやめてしまいました。様々な表情を見せてくれた出演作やマイピクチャに沢山詰まってる写真、いつになったら見れるようになるんだろう。これから公開される作品、どうやって見たらいいんだろう。初監督作も楽しみにしてたのに。

とにかく、大好きな俳優でした。一番好きな俳優と言ってもいい。ショーンとは別の意味で、俳優として大好きだった。
まだ28歳だよ? 突然すぎるよ...


大切なお兄ちゃんを失ってしまったような、そんなどうしようもない喪失感にかられています。


■ 追記 ■
豪首相、モーガン・フリーマン、二コール・キッドマン、メル・ギブソン、ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、ジョン・トラヴォルタ etc etc....信じられないほど多くの方々からコメントが出されていますが、その中から一つだけ、動画。流れしまわないうちに。

ダニエル・デイ=ルイスが、オプラショウに衛星中継で出演した際に話を中断してヒースのことを自ら話し始めたそうです。⇒TMG.com

涙声で語っています。「私は彼に一度も会ったことがないんだけど、会ったらきっと好きになるに違いないとずっと思っていた。彼の映画を何本か観ていて、将来のことをとても楽しみにしていたんだ。」

ヒースはダニエルのことを尊敬していて、影響された俳優の一人として彼の名をあげていました。ダニエルの表情を見ているとまた涙が出てきます。

■ さらに追記 ■
ワーナー・ブラザーズによる追悼ページ。バットマンのマークをクリック
映画 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

The 80th Annual Academy Awards Nominations

アンジェリーナ・ジョリーを蹴散らして ローラ・リニーきた━━━━(゜∀゜)━━━━!!!

ちなみに手前のホフマンさんもノミネートされました。違う映画だけどね。他、サプライズは、トミー・リー・ジョーンズの主演男優賞、ジェイソン・ライトマン(JUNO)の監督賞候補入りぐらいですか?あ、あとサーフズ・アップも。笑

ジョニーとヴィゴも無事ノミネートされました。ケイシーももちろん♪ おめでとう
編集賞にボーン・アルティメイタムが入ったのも嬉しかったなー♪

Nominees (Oscar 公式サイト)


映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

テスト? (& まだまだ出る仮装画像)

スペイン語の勉強をしつつマドリードダービーをながら観。というわけで「ズラタン爆走⇒奇跡の200試合達成(笑)のマンチョにフライングボディアタック⇒マンチョつぶれる(動画はこちら)」を見逃しました。ちなみにダービー男ラウルの秒殺ゴールも見逃した

ハーフタイムは指揮の練習。「運命の力」という、最後は登場人物が全員死んじゃう恐ろしく暗いオペラの序曲。(初演ではあまりの暗さに観客が絶句、スカラ座改訂版では結末が変更されたんだと)こうもりやら春祭やら明るい曲もあったのに、なんでこの時期にこんな陰鬱な曲にしちゃったんだか。序曲はいい曲だけどね♪(そういや声楽関連のレポートでもシューベルトの「冬の旅」という途方もなく暗い曲を選んだんだった・・・)

後半は途中で撃沈・・・ 起きたらルイガルが。ルイス~寂しいよぉ。帰ってきて~!!と感傷に浸ったり、イケル様にガンガンはじかれるわポストに直撃するわそりゃイライラするよねアトレティ・・・と同情してみたり、グティ、ブーイング浴びて楽しそ~♪なんて笑ったりしながら、鉛のような瞼を持ち上げつつ試合終了までがんばる。

そんなこんなで一応スペ語がんばったのに、いざテストとなると・・・

「この大学の人に普通のテストやらせても面白くないので~、なんでもいいから自由に書いてください。あはは♪」

とのたまう先生。えぇっ!?それってテスト作るのめんどくさかったとかそんなオチじゃぁ...?
せっかく前期のテスト満点だったのに(←どこで頑張ってんだ)。

週に一回しかないないのに、先生のおしゃべりとうちらの出来の悪さのせいで進度は果てしなく遅く、スペイン語を学んだうちに入らないかもしれないけど、この先生のおかげで、スペインやラテンアメリカの魅力にずどーんとはまり込んでしまいました。"ラテン"って何かちょっと分かった気がする。何よりこの先生が"ラテン"でした。「でした」って、来年同じ先生の中級取る気満々だけどね~。どこまで進むんでしょう。笑

指揮のテストはというと・・・こちらも拍子抜け。40秒ぐらいで切られました。ひぇ?こんだけ?
8分近くある曲を千秋ばりに勉強してたのに(←嘘)

だいたいさー、提出作品があるんだからテスト勉強なんかしてる暇ないっつーの(爆)
そんな中時間割いたのがバカみたいじゃーん。

そうは言いつつ、作曲に比べてテスト勉強ってなんて楽しいんでしょ。笑 特に語学、ずっとやってたい!もう、バカみたいなの。イタリア語とか、文法のめんどくささが笑える。とかいってこっちはテストやばいんだけどさ。

イタリア語といえば、この間のNHKのイタリア語、ミランの話題でした。ま、いつも通りバカみたいなことやってましたが、ミランの関係者とか出てくれてましたよ。
部屋で一人でサッカーを見てるローマユニ姿のマッテオくん。そこにルカがやってきて邪魔をし、ゴールを見逃し喧嘩に・・・「お前そんなにサッカー好きだったっけ?」「イタリア人はサッカーが好きに決まってるだろ!」
絶対こういう会話になると思ったよ・・・。その後ミランの話をするマッテオがめんどくさそうに見えたのはローマユニだったからかしらん?笑
その後の会話でわかったんだけど、マッテオはラティーナ出身だそうで。ラティーナといえば、東京映画祭で見た「マイ・ブラザー」の舞台じゃないか!ムッソリーニが建設したとかいう。
出身地知らなかったはずなのに、なぜかコイツはロマニスタだと昔から思ってたのは何故でしょう。
一年間こいつらの喧嘩と果てしなく続くバカ話に付き合ってきたけど、来年度違うメンバーになっちゃったら寂しいなぁ。

リバポの試合は観なかった(起きれなかった)。「クラウチ起死回生の同点弾もリヴァプール5位転落」だって。爆
そんなに好きなら一生引き分けとけばいいじゃん。ドロー記録作っちゃえば?イライラ。

↓↓ 仮装大会追加画像 ↓↓
Reed more...
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今更FA CUP - Liverpool 5 : 0 Luton

European Capital Culture 2008に選ばれたリバプール。動画がこちらに。リンゴ・スターも来てますね♪

アッガー再離脱に、アメリカ人オーナーの馬鹿コメントやら、ペナントのお父さんに関するひどい報道(SUN)やらですっかり落ち込んでましたが、FAカップ再試合ルートン戦、かーなり楽しかったみたいですね。色々やることもあったので5時に起きようと思ってたのに、アラームかけ損ね・・残念!

リバプール500試合目のキャラガー。「ジェイミーがキャプテンを務めるべきだ」byジェラード、というわけでキャプテンを任されました。ジェラードはハットトリックでお祝い。
試合前のセレモニー。キャラの息子James君の背中には『CARRAGHER』でも『DAD』でもなく、『TORRES』の文字が(爆)キャラガーとジェラードとトーレスの3つから選べたんだけど、トーレスを選んじゃったらしいです。「俺は彼のパパで、リバプール選手と見ているとは思えない。」だって。「最初からディフェンダーになりたい子供なんていねーよな。」お父さん・・・。もうちょっと大きくなったらJames君もパパの偉大さがわかるようになるはずです。


公式HP には、チームメイト、監督をした人などから沢山のコメントが寄せられています。
リーセ : 最も面白く、最高にいい奴で、ピッチの上では最もクレイジーだ。
フィナン : 観客はスタンドからでも彼の声が聞こえるってよく言うんだ。それだけ彼の声はでかい。スタジアムの反対側の端からでも彼の声は聞こえるよ。どんなチームにもそんな人間が必要だよね。
ラッシュ : ジェイミーは純粋にプレーすることを愛し、リバプールの全てとその歴史を理解している。彼は私がどの試合でゴールしたか言ってくる。自分でも覚えてないのに。

そして、みんなが「彼は勝者だ」と褒め称えています。インタビューでの発言はいつも頼もしく、率直で、ポジティブ。どこまでもついていきたくなる、最高にかっこいい男だと思います。これからもわめき散らしながらリバプールを引っ張っていってください。

試合は最初っから気合入りまくりで5-0で勝利。ジェラードのハットトリック記念に動画貼っときます。

後半開始の笛と同時にシャビがいきなりゴールネットに向かって超ロングシュートを狙ったり(前回のネタ満載FAカップルートン戦の再現を試みたが失敗。笑)、守備が暇だったキャラガーが攻撃で見せ場作ろうとしたり、「キャプテンとトーレスに依存しすぎ」と言っていたヒーピアも(というか最近みんな言ってますが)ゴール!この前超惜しいのがあったから今回決まってよかったね!トーレスくんが甘えるようによっかかってたのがツボでした。
ジェラードは体を投げ出しての渾身のヘディングで1点目決める際にトーレスくんをふっ飛ばしちゃったり、2点目を決めた後、ラファがそろそろ交代させると言ったのに、ハットトリックを達成したくて、「あと5分だけプレーさせてくれ!」と要求、その後豪快ミドルを決めて言葉通りハットトリック決めちゃったり(やっぱりすごいやつ)。
ただ、カイトくんがなかなか調子を取り戻せないようで心配です。「ちょっと悪戦苦闘してるけど、自信は感じている。調子が戻ってきていると感じるのであとは時間の問題であってほしい。」
FAカップ4回戦の相手は実質6部のアマチュアチーム、ヘイヴァント・アンド・ウォータールーヴィルだそうです。メインスポンサーはなんとCarlsberg!カールズバーグ・ダービー♪♪ とっても楽しみ☆

最後にアホアメリカ人オーナーに一言。もっとプレミアのこと勉強してください。
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

12月に出来なかったからってあきらめるようなヤツらじゃない。<追記&追加画像あり>

というわけでー、ジェイミー・キャラガー リバプール通算500試合達成記念(?)、新春仮装大会~!!!
@ キャラガーカフェ Cafe Sports England

ジェラード、クラウチ、ペナント

キャラガー(X‐FactorのRhydian)、リーセ(バットマン)、アロンソ(Del Boy)

キューウェル(マラソンランナー)、アッガー(パンクロッカー)、アウレリオどうやらフートくんらしい(Sporty Spice)

他の人はSUNか、ECHOにもいっぱい載ってます。ペペ最高!
疲れてる上に笑いすぎて気力が残ってないので、取り急ぎ写真だけ。書きたいことは山ほどあるんだけど・・・。

トーレスきゅん、お前もか。


↓↓ 追記、追加画像 ↓↓
Reed more...
サッカー、F1等スポーツ | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

再び怪我・・・



そんな中、キャラガーがリバプール通算500試合達成!!また追記します。

サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

旧市街が見たいのだ。

春は時間も金もないっつーのに、まだあきらめきれないしぶといヤツ。
昨日カフェ・コムサ(高っ)⇒先生のコンサート⇒再びお茶・・・と優雅な時間を過ごしてるうちに・・・
えぇい!バルト三国に行ってやる~。帰りにフィンランドに立ち寄りね~♪
ということに。友達がリトアニアにロシア人の知り合いがいるらしく・・・

今日いそいそと気温を調べてみると・・・2月は平均-4.2℃ ?? -30℃まで下がることも・・・??

凍死。(それでユースホステルとか、確実に死ぬっ)

でも夏は高いしなぁ。うぐぅ。
etc | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

The Golden Globe Awards 2008

えーと、LiveSportsでミラン×ナポリのハーフタイム中のサンシーロの様子を見てたら、なぜかロード・オブ・ザ・リングのテーマ & "Into the West"が流れ出したんですが。(いつもなんですかね?)
しかもちょうど「7番」ってモニターに出たとこでだった気が。。。なんで「王の帰還」??泣
ま、その後パイレーツの曲も流れてたんで意味はないんでしょうけど。

話は変わってゴールデン・グローブ賞の発表です。
サプライズは「ノーカントリー」を破って「つぐない」が作品賞を受賞、監督賞もジュリアン・シュナーベル(「潜水服は蝶の夢を見る」)に行っちゃったことでしょうか。
うーん、よくわかんない。WOWOWのHollywood Expressを見なくなってから、めっきり新作映画の知識がなくなっちゃって、賞レースへの興味も薄れてきたのが現状です。あんまり自分で日本公開がまだ先の新作映画の予告編を見たりしないので、あの番組はすっごく助かってたんですが。。

悔しいのは、せっかくジョニーが賞獲ったのに、授賞式がなかったせいで、スターの前で照れながらスピーチするジョニーが見れなかったことですね~。あはは。

寂しい・・・。 右は二年前。
 

二年前・・・懐かしい。色んな意味で。

テレビのミュージカル/コメディー部門で"Extras"が受賞したのも地味に嬉しかったです。笑
COLDPLAYのクリスも出たことあるんです♪⇒ほら

さて結果は ↓↓
Reed more...
映画 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

疑問

レース中に、前の車の後部と後ろの車のノーズが触れそうなぐらいに近づいて走行することをよくテイル・トゥ・ノーズといいますが・・・
ちょっと英語で書きたいことがあって調べてたら、英語の記事は全て nose to tail なんですよね。tail to noseっていうのは日本だけ?
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

現実逃避

トーレスきゅんの、こんなシュートも打てるの??ってな素敵すぎるゴールで1-1...(ドテドテッ)
悲惨・・・。目標は・・・4位死守!!ですな。ははは。

・・・・・・・・・・

えーと、この度リバプールにやってきたシュクルテルくんは、ホッケーでもキャリアを積めるほど上手いらしく、ゼニトではウィンターブレークの間ホッケーをやってたんだそうです。プレミアじゃ、そんなことまず無理ですね。残念。

それから、この写真展面白そう。

はぁ、シェヴァも怪我(?)だし、やなことばっかだな。提出作品進まないよ!(人のせいにするな)
サッカー、F1等スポーツ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Melee - Everyday Behavior -


COLDPLAY 4th ALBUM、"Prospekt"のリリースは5月19日だとコチラにはありますが、信憑性はわかりません。どっちにしても、もうちょっとかかるようですね。

さて、一月末に日本ツアーを控えるMelee。年末に1stアルバム"Everyday Behavior" をようやく買いました。2nd(メジャーデビューアルバム)に比べたらどーんとレベルは落ちるけど(ていうか2ndがよすぎなのよね)、インディーズのデビューアルバムでこの質はすごいと思います。"The War" は前から知ってて大好きだけど、それ以上に"Perfect Mess" がお気に入り♪下のプレイヤーに二曲入れときました。
全体的に80sサウンド満載で、2ndに通じるところも多々。ピアノベースの爽やかなパワーポップもあり、エモパンクが入ってる曲もあり、なかなか聴きどころ満載です♪
みんなイモ・・いえ、お若い。リッキー(Ricky Sans)がまだRick Sanbergって名乗ってます(笑)

   

音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

じーあんかーろ・ふぃずぃけーらー

なんて言うので、一瞬戸惑ったよ...
ライヴで見ました。フォース・インディアのドライバー発表。そんなに心配はしてなかったけど、見出したら受験の合格発表みたいにドキドキ。おっさん、話はいいからはよ発表せ~!状態でした。(いえ、雇ってくれてありがとうございます)

無事、今年も走れます!フォース・インディア万歳☆
フィジコは遅い車に乗れば速い(・・?)ので、ちょっと期待・・・。一応古巣復帰?前身の前身の前身(ぐらい)がジョーダンかな?その頃のスタッフも残っているようで。

そりゃ昨シーズン序盤はこんなことになるなんて正直思ってなかった。ピケJr.の「フィジコのシート奪ってやる」発言も「ケッ」でしたが・・・実際そうなっちゃってるし。ひぇ~
でも、引退が噂されても決してあきらめないで、大好きなF1で走るためにがんばって、ラルフやらクリエンやらリウッツィやら・・ものすごいシート争いの中それを射止めたんだから、シーズン始まったら何言ってるかわかんないけど、今は素直に嬉しいし、感動しました。

というわけで、フォース・インディアはフィジコとスーティル。サードドライバーにリウッツィ。

会見でインド料理のこと聞かれてて、ふぁんたすてぃっく☆って言ってたけど、おなかこわさないようにね~。
私、インド料理食べると、たまたまかもしれないけどいつもおなかの調子悪くなるんです・・。笑
多分原因はラッシー?おいしいのに。この前もインド人の方がマンゴーラッシーサービスしてくれて...

そんなことは置いといて、ホンダはバトン、バリチェロ、そしてテストドライバーにはなんとブルツ!!
これもびっくり。F1引退じゃなかったんですか!?いや、とっても嬉しいですけど。だって開発に専念してくれるわけでしょ?大学では機械工学を学んでたようだし。今年のホンダ、ちょっと期待しちゃっていい?

新車も続々と発表されてますね~。それよりキミのヘルメットが微妙でした(爆)


こちらはMotoGP、ドゥカティの新車お披露目。

あんまり速くありませんように!


話は変わってリバプール。
待望のセンターバック、マルティン・シュクルテルくんがやって来た♪⇒りばぽオフィシャル
どこのどの写真を見てイケメンだと思ったんだ私は?まいいんだけど(笑) 背が高くて耳がとがってます。エルフかっ。
WELCOME TO ANFIELD!!
それよりラファ太ったよねぇ。ストレス太り?だったらいいけど(←いいのか?)
サッカー、F1等スポーツ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

なまり


というわけで、キャラガーさんの最新インタビューをどうぞ。⇒こちら
この前の『危険な逃亡者』で久々にショーンの英語聞いたけど、聞き取れなくなってた...シェフィールド訛り(笑)
でもかっこいい うん、やっぱ声に惚れたんだな。The Big Game 、また聴いてみよ
映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドバイドバーイ!

ドバイカップ決勝戦。
インテル対インテルはミラノのインテルが負けました。
負けるなんて久しぶりー♪ヒメちゃんの座ったままくるっと回ってシュート♪がかわいかった。

2007年デンマーク最優秀選手賞にリバプールのダニエル・アッガーが選ばれました。チームメイトの投票に基づいているものだそうで、ダニーも大喜び。おめでとう!えーっと、あんま出てなかったよね?ってのはなしですか?でもユーロ予選ではがんばってたもんね。復帰まだですか?待ちくたびれました。

そうこうしてるうちに、23歳になったばかりのスロバキア代表シュクルテルくんと契約間近だそうです。リバプもイケメン増えてきたかな?笑 最近の引き分け地獄・・・こうでも言ってないとやってられない。思わず可愛い可愛い リバプベアーに八つ当たりですよ。(←ばか)

えーっと、行けないかも行けないかも言っといて実は本気にしてたインテル×リバプール観戦旅行。
結局行けなくなりました(ドテッ)
手術が夏に延びて落ち込んでた直後に、抽選でこの試合が決まった時は、これは来いってことね♪っと勝手に思ってたんですが(笑)心残りだったMaroon5のライヴも最近追加公演が決まったとこだったし。
正直スタジアムまで行って観れなかった去年のインテル×バレンシアより悔しいです。
だって現地にいたんだもんなぁ。行きたいなぁ。なんでだろ?行きたくて胸が痛くなる(笑)一人で行動した時なんか特に、短い間だったけど恥ずかしいことや嫌なこといっぱい経験したのに。

でも、とっても大事なことがあるので。音大生として外せないこと。そりゃ向こうでコンサートやオペラに行く経験も貴重だけど、そんなのいつでも出来るし。

というわけでー、この前言ってたユーロに行きたいんですが。6月。もしくは4月のCL、5月のファイナル(モスクワ)?笑
それか4月のスペインor9月のベルギー、イタリアGP(←F1かよ)。9月だったらベネチア映画祭とかもあるし。でも夏はヨーロッパ高いのよね。。せっかく友達の夏季講習に付いていこうと思ってたのに。

とまぁ、また妄想だけ膨らませてます。そうでもしなきゃ2月の提出までやってけませんわ。
2月は2月で忙しくなりそうだし、親不知も抜かなきゃいけないし(←このせいで手術が延びたのだー)。のーん・・

あ、そうそう、James Bluntの来日公演、NHKホールらしいですね。爆笑。
うーん、なんか、この前の無料ライブで堪能しすぎちゃったせいで、別にいいかも・・なんてちょっと思っちゃってますが。行きたいのは山々だけど、どうすっかな。

☆おまけ☆


ふおおぉ。すごい。完成画像はこちらだそうです。
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

じらすな。


フォースインディアのトップページに掲載されたドライバーのシルエット。
なんでわざわざこんなにもったいぶるんですか!!笑
でも左・・・フィジコだよねぇ。いいよね?安心して・・・
サッカー、F1等スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

やはり・・・

長引く脚本家組合のストのため、ゴールデングローブ賞授賞式がキャンセル。
今週の日曜だったんだ!!ってことにまず驚いた。(そこ?)昔はカウントダウンして待ってたのにね(おおげさ)
うむぅ。。長引きますな、スト。アカデミー賞終わってからやってくれよぅ。

最近、今更ながらウッディ・アレンにはまってます。
熊本ではSCOOP(タロットカード殺人事件)が映画館であってたので観てきました。
じーさん、スカジョに入れ込みすぎじゃないの?笑
春休みいっぱい観よーっと♪
映画 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

HAPPY2008 & 1st Anniversary

昨年中は、拙ブログにおつきあいくださり、誠にありがとうございました。実は昨日でこのブログも一周年を迎えました。作品提出のストレスから逃げ場がほしくて、なんとなく始めてしまったブログですが、なんやかんやで一周年。皆様のアクセスや、温かくて、時には吹き出しちゃうような面白いコメントに、日々感謝しております。
管理人の気の多さのせいで、話題はコロコロ変わるし、中途半端で有言不実行多数・・・(苦笑)
こんなブログですが、これからもUNO LA MELA をよろしくお願いいたします。

今年の目標

  • ジュード・ロウの場合。クリス・マーティンのようにピアノが弾けるようになる(まじかい)
    ジュードはサックスとハーモニカ、ギターも弾けるらしい。


  • ディルク・カイトの場合。ゴルフマスターになる!よくペペたちとやってるらしい。
    そ、それよりも点を取る練習を・・ごほごほ。


  • 私の場合。ギリギリにならないとやらない性格を直す!(え・・・・
    言った早々あきらめモードですが、できるだけ毎日コツコツがんばる。
    あとは好奇心旺盛でいたいな☆いろんな勉強がしたい。


  • 大晦日はRatatouille(レミーのおいしいレストラン)を見ながらRatatouilleを食べ、その後は紅白も見ずにCOLDPLAY Live in Torontoを見てました。高校時代いつもWOWOWを録画してもらってた友達が今更持ってきてくれたのです。(頼んだことすっかり忘れてた)
    一回少しはネットで見てたものだけど、あの盛り上がりは物凄い。クリスの、「今までで最高にノリがいい観客」ってのがお世辞に聞こえない。
    あぁ、やっぱりコープレ最高!武道館での感動が蘇ってきます。
    会場全体を取り囲むようにX&Yのデザインが流れ、どんどんテンポをあげていくCLOCKSの盛り上がり。その後真っ暗になって流れ出すTALKのイントロとクリスの阿波踊り(笑)SWALLOWED IN THE SEAの素敵な演出の後すぐに始まるIN MY PLACEのドラム そして最後のFIX YOU。この後半の怒涛の流れ、最高。

    そうそう、COLDPLAYニューアルバムは5月って噂です♪

    元旦は雪でした。



    熊本に帰って気になったこと。
  • 「ロッソ熊本」が「ロアッソ熊本」になっていた。(ドテッ)
    ロッソのエンブレイムは暴れ馬と赤い盾・・・あ、あれっ?どっかのF1チームか?(了解得てるらしい。笑)
    2005年に発足した幼いチームですが(前身はあったけど)、来季からJ2で頑張れ。


  • 実家のパソコンの壁紙が ↓ になってました・・・・(→変えてきた。笑)


  • 家に湖水地方ブームが到来していた。なんでも『ミス・ポター』を見てから、母がずっと憧れてるらしいのです。もしその熱が来年まで冷めなかったら、来年の春あたり湖水地方リバプールロンドンなんてねー、計画立てたいな。
    というわけでー、リバプールのおっさんズ、今年はミラノで会おう!去年は、バレンシアサポはスタジアムに行くまで全く見かけなかったのですが(イタリア人はどこ行ってもCLの話してたけど)、リバプドリアンはどうでしょう。この間のグループリーグ、ミラン×セルティックの時はドゥオーモ広場が緑になってたけど。笑
    とか言って、まだ行けるか全然わかんないんだけど。。それとも6月に行こうかな。ユーロを見に。笑 オーストリアとスイス。きゃはー☆行きたい!!


  • やっぱりタピオカが流行ってました。
    東京のテレビでバカにされてたんですよね(笑) 私自身はタピオカは家で作って食べてたから全然実感ないんだけど。


  • 高校の同窓会、みんな相変わらず面白くて、腹が蟹になりそうでした。その分食べ過ぎたので蟹にはなれなかったけど。果てしなく出てくる料理にみんな最後は遠い目・・・
    バカみたいな話して(アメリカに株売りに行こうって本気で言い出すやつも)、バカみたいに笑って、でもその中にも刺激になる話がたくさん。高校ほんとに楽しかったなぁ。


  • 熊本は関係ないけど、中野真矢がいつの間にか結婚してた!おめでとう!


  • 東京に帰ってきたら、民放でショーンの「危険な逃亡者」の放送が!4日に帰ってきてよかったー!
    いくすとりーむりーでいんじゃらす☆☆

    さて、サッカー界では・・・(リバプールには触れませんっ)イングランドの皆様は年末年始関係なくヨレヨレになって働いてるというのに、イタリア、スペイン方面はバカンス→合宿となんだか楽しそう。
    それにしてもプジョルのボーズにはひっくり返りました。
    だーれー!!カンテラ時代からずーっと切らなかったあの髪を、クラシコで負けたぐらいで?(理由は知らんが)

    バカンスの画像はexciteのほうに置いときます。↓ の画像からどうぞ。
    パパラウルは想像もしやすいし見慣れてるけど、パパズラタンはなんだか新鮮。息子にデレデレっては聞いてたけど。奥さんのおなかを見ると、もうすぐ二人目が生まれそう!女の子がいいなー。笑
    ぴるろんとサンドロのラブラブデートも爆笑。

    (触れないとか言っといて)リバプールの不振の原因は絶対殺人スケジュールのせいでコスプレパーティーやれなかったからだと思うー!いつもこの時期強かった・・・気が・・・するのに・・・。クリスマスパーティーはやったみたいですけどね。トーレスきゅんが私服で彼女とパーティーに来る写真を見ました。

    サネッティはPUPI 財団という、恵まれない子供たちを支援する慈善団体をもっているのですが、そのPUPI 財団主催のチャリティーマッチをブエノスアイレスで開催したそうです。
    サネッティはカンビアッソとミラノで激安サッカースクールも開いてるんですよね。
    普段このブログではあまり言わないけど、サネッティのこと大好きですあは。

    相変わらずこんな調子ですが、2008年もよろしくお願いします。

    サッカー、F1等スポーツ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。