スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | edit | page top↑

香港旅行記 6 発熱 2009.3.25-26

クリス大丈夫かな241 北米ツアー最後になって・・・いつに延期するんだろ?



ライヴが終わって、The Escapistを聴きながらほんのちょっと余韻に浸って、全速力でバス停に走ったんですが、会場出た途端に誰かがオオオーオオーと歌い出して、きゃ~と一緒に歌ってました(笑)

 


警備員に「香港島に行くバスはどれ?」と聞いて教えてもらったんですが、横断歩道渡りながら、「香港駅って聞けばよかった~」とか言ってたら、中国人の男性に「香港駅あっちだよ!」(日本語)って全然違う方を指差されて、もう一回聞きに行くはめに。

警備員とその中国人の方がしばらく揉めてたんですが(笑)、やっぱり最初のでよかったみたい。日本語で教えてくれようとするけど分からず、英語で聞き返しちゃいました。
「気をつけてね」っとまた日本語で言ってくれて、優しい方でした。ありがとう!


バスの中は酷寒のはずなのに、ライヴの熱にやられて半袖のままの私。
実は最後の最後まで迷ってたんだけど、本当にきてよかったなぁと、幸せなため息をつきました。

そんな中いきなり、'Speed Of Sound'やらなかった!!っとすぴかさん。なぜかあの曲の記憶がいつもないので、今回もやったもんだと思ってました(おい)。
そっか、ロンドンとウォーター(ちゃんと書け)に押しのけられちゃったのね。
でも、その後の北米ツアーでもずっと変わらなかったセットリスト(マイケルが亡くなってからは、I'm A BelieverがBilly Jeanに変わったりしたけど)を聞けてよかったな♪


中環付近で適当にバスを降りて、そこからタクシーに乗ったんだけど、「ホテルは反対側だからUターンしなきゃいけないけどいいの?」って言われて、「はいはい」とか言ってたら(←まだうかれてぼーっとしてる)、なっかなかUターンできなくて、変なとこに連れ込まれるかと思ったー229

結局時間もお金も倍ぐらいかかってしまった。まぁ近かったし、香港のタクシーは激安なんでいいんですけど

ホテルの近くで下りたら、お粥やさんから出てくるねずみ発見・・・・。
朝から食べたところじゃなかったけど。


ホテルに帰って、おなかがすいたので、近くのコンビニで食料調達。
Mr. Juicyこと果汁先生(笑)も買ってきましたよ。笑

ポリポリ食べながら、セットリストやらクリスの動きやら思い出してみたんですが、二人ともおかしいぐらいに記憶がなくて・・・。それでも、頑張って思い出してるうちに、また興奮してきて眠れなくなってしまいました

そしてそこで、あぁっ!! 'Chinese Sleep Chant'やってない!! と思い出した。
香港でこれをやらないってどういうこと?笑


テレビ(BBC)つけたら、フェルナンド・アロンソがサッカー場みたいなとこでインタビュー受けてて、更に大興奮。もうすぐF1開幕だー!!!(そんな時期の話か)


結局眠りについたのが、起床時間の一時間前 もう起きてろよ。
でも一時間爆睡し、寝ぼけたままチェックアウトをすませ、凍り付きそうなバスに乗り込んで空港へ104355
色々やってたら結構バタバタになってしまって・・・最後に何かスウィーツでも食べたかったのに時間がなくなり、しょうがないのでお土産用のマンゴープリンを買って飛行機の中で食べた(笑)


飛行機に乗ってテレビのチャンネル回してたら、いきなりクリス登場
急いでヘッドフォンをつけましたが、セレブリティカップルの特集みたいなのでした。

その頃から喉が痛くて、アハッ 昨日歌い&叫びすぎた? とか思ってたんですが、段々堪えられないほど痛みはじめて、その夜には熱出しちゃって、次の日は寝込んでおりました~
すぐ治ったけど。

原因は寒すぎるバスだと思います!それなのに半袖だったヤツが悪い。


色々ありましたが、香港に行って本当によかった。
刺激になったし、たっぷりエネルギーを充電できました。
リベンジしたいことが沢山あるので、また是非行きたいです。

COLDPLAYにはたくさん幸せを分けてもらって、これで彼らへの思いは一段落。
いや、冷めたとかじゃなくて、もしかして、香港公演に行っちゃったら、また他にも行きたくなっちゃうんじゃないかな~(おい)と思ってたんだけど、もう大満足です。
私のVIVA LA VIDA TOUR(笑)が、神戸でのとんでもなく切ない気持ちのままで終わらなくてよかった。香港では幸せいっぱいでした175

あ、でも海外でのライヴは癖になりそうでーす。
日本とは歓声も歌も声量が違いすぎて、普通に大合唱できるのが嬉しい。

そして、旅行に誘ってくれたすぴかさん、本当にありがとうございました。すぴかさんのおかげで、最高に楽しい旅行になりました。また是非どっか行きましょう~♪



COLDPLAY その後。

香港からアブダビへのフライト中、リストを作るのが嫌いなメンバーに、クリスが無理矢理、ライヴCDに入れる9曲のリストを書かせたそうなんだけど、6曲ぐらいはみんな納得したけど、他の曲については何時間か言い争うも結局決まらず、最終的に腕相撲になったそうです。

腕相撲か・・・
Reed more...
スポンサーサイト
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

香港旅行記 5 COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ Asia World Arena, Hong Kong 2009.3.25 (Part 2)

The Hardest Part
全体的に日本公演の時よりだいぶMCが多くて、本当に可笑しかったんだけど、分かんなかったところや忘れてるところも沢山・・・

ここでもいっぱいしゃべってたんだけど、覚えてることだけ。

「イギリスに住んでたことがある人いる?」とか聞いて、そんなにいるわけないのに「ぎゃーーー」っとみんな叫んでて(笑)、「やっぱり、そんな感じがしたよ~」
で、"You can take the English man out of England but..."(だっけ?)って諺(?)を持ち出して、香港では意味深い言葉だよね~とか言ってたと思うんだけど、その後がよくわかんなかった。

"twat"だったかな?言っちゃった後に、「よくない言葉だから使わないでね」とかなんとか。

「これからやるのはフィル・コリンズ セクションなんだけど、誰かがソロをやらなきゃいけないんだ。君達には悪いけど、今夜は僕でね・・・バンドの他の連中は、座ってタバコすったり、雑誌読んだり、彼女にメールしたり、あ、たまに奥さんにもね・・・冗談だよ。ネットに載せないでね。」(載せちゃった235

なんかこんなこと言ってたと思います。全然ちがったりして・・・229

そして、「ちょっと悲しい曲をやるね」と言って、「その後は世界中から来た人たちみんなで歌おう。ウェールズ、上海、バングラデッシュ・・・・」っと思いつく限りの地名を並べてた。笑

ここ以外でも、「世界中から来たみんな」って何でも強調してて、なんか嬉しかったです
あと、ここじゃなかったと思うんだけど、広東語も中国語もしゃべれないことを謝ったりもしてました。


Postcards From Far Away
せっかくステージの方ふり向いて、せーのってやったのに、最初で間違っちゃって、"That's the hardest part..."から、笑いながらやり直し


Viva La Vida
香港でも最高の盛り上がり。
最後の「おおおーおおー」が、歓声で一旦途切れちゃったんだけど、寝っ転がったまま、起きようとしてなかなか起き上がらず焦らしまくるクリスに促されて復活。

その後もことあるごとに「おおおーおおー」の大合唱が沸き起こってました。
地揺れも一緒に。笑


Lost!
ウィルやガイの後ろで出たり隠れたり、花道から全速力で戻ってたきたけど、ピアノに一瞬間に合わなかったり、相変わらず忙しそうなクリスさん。

その頃は警備員やスタッフが目の前を慌しく動き回っていたので、全然集中できませんでした。ガイが太鼓からベースに移るとこさえ覚えてない。 (サマソニ以来見逃したことなかったのに。笑)


さてさて、こっからが本番(え?)
左の花道からステージを降りて、Cステージに向かってくる4人。
うぎゃ~!! きた~~~~!!!!
クリスとジョニーが予想外に険しい顔してるんですけど。爆


Green Eyes
大大大大好きな曲175 さいたま一日目でやってくれた時は友達と大興奮でした。
クリスとウィルの顔が近い!!!
近づけすぎて何か当たっちゃったのか、クリスがウィルに謝ってた

クリスが後ろ向いてハーモニカを吹いたり、マイクスタンドを取るだけで「ぎゃーーーー」っとものすごい歓声が。

それを聞いて、「香港まで来て、この会場の後ろまで挨拶に来ないで帰るわけにはいかないよね。今まで見た中で一番長い部屋だし。多分時差があると思うよ。」

そして、「香港まで来て、ウィルがどれだけすばらしい才能をもったヤツか見せないわけにはいかないよね。ウィルの美しい歌声をお聴きください~♪」

こんな感じの説明をして、Death Will Never Conquer
今度はジョニーに近づきすぎなクリス。

この曲が終わった後、クリスがジョニーに耳打ちして、それをジョニーがガイに伝えて・・・ってやってるのを見て、伝言ゲーム♪ っときゃっきゃ騒ぐ日本人二名


その後クリスが、みんな携帯出して~っと言い出したので、私もゴソゴソと取りだしてかかげてみる。待ち受けはアッガーくん229 (無駄な情報)
その後、照明が消されて、みんなの携帯の光が一斉に浮かび上がる420
「電源入れたまま、下に携帯下ろしといてね。Mexican cellphone Coldplay waveをやろう!」と言って、ウェーヴの順番を指示して、3,2,1...

もう、ほんっとーに綺麗で感動しちゃいました238


ウェーヴが終わらないうちに、I'm A Believer
ものすごい大合唱にびっくり!私も適当に歌っちゃった。
足を細かく踏むクリスがかわいい178

最後の "Are you in love?" "ウ~~~♪" のところが日本公演の時より進化していて、「後ろの人たち~」「左~」「右~」「真ん中のスーパーファンのみんな~」とかそれぞれコメントして順番に叫ばせてました。

それが終わったら、ウィル、ガイ、そして最後に・・・
「ジョニー・ボーイ175 こんな大勢の知らない人たち、しかもこれが終わったらレビューを書くような人たちの前でソロで歌うなんて、最悪の悪夢だろうけど、一個だけ、簡単な質問に答えて・・・」

Are you in love?

クリスにマイクを向けられて、低い声でウ~~~~♪ と歌うジョニー
その後ろでにやにやしてるガイ
超嬉しそうなクリス
その後の締めでは、手を下に振り下ろしてかっこつけて終わってました。

「携帯使ってね」って言って去って行って、Viva La Vida remixが始まったんだけど、香港の人たち意味分かってない。笑
すぴかさんと二人でめげずに振り続けましたが、全く広まらなかった(寂)


Politik
この時の球状スクリーン、地球だったんですね332 素敵352
Give me Hong Kong screem なんとかかんとか・・・と替え歌。

終わった後、サティのグノシエンヌの最後をアレンジして次の曲に繋げるところがとっても綺麗でした。


Lovers In Japan
始まった時だったかな?会場の真ん中付近に赤い番傘が二つ開いてびっくりしました。
どうやらスタッフさんが、機材に蝶々がかからないようにさしてたみたい

クリスは、「v」と書いてある黄色い番傘をくるくるふりまわしてました266

ウィルの前でガイとジョニーが仲良く弾いてるところに、クリスがガイのベースの下をくぐって、後ろ歩きで割り込み。
花道に出た後、蝶々をつかまえながらスキップでかけあがって、そのままジョニーのとこまでいって、肩を持ってジャンプ!(なんかどっかで見た光景)
その後もジョニーの肩を抱いて顔近づけて歌ってみたり、ちょっかい出しまくってました。

青い光に照らしだされる蝶々を後ろから見て、本当に綺麗だったけど、やっぱり紙吹雪を浴びたくなってしまった。
それにしても、海外で聞く'Lovers In Japan'は、一段と感慨深かったです。


Death And All His Friends
これも大好きな曲。最後の盛り上がりがたまりません。
終わった後、四人でうろちょろ動いて拍手をし、真ん中で肩組んで三回お辞儀。


4人が去った後、暗く青い光で照らされた会場から、どこからともなく「おおおーおおー」の合唱が。それと同時に再び足を踏み鳴らし始めて、スタンド揺れてる。笑

鳴り止まない合唱につられたのか、クリス、いつもより早く戻ってきた気がする。


The Scientist
一人ピアノに座り、ずっと観客の方を見てニコニコしながらピアノ弾いてたら、観客が手拍子を始めて、"Oh Thank you"と笑ってた。
そして出だしで、Come up to China♪

はぁ~やっとこの曲を合唱できる。笑
なんで日本ではあんなに静かだったんだろう?と思うほどすごい盛り上がりでした。

全然気付いてなかったんだけど、この時からみんなグラミー服に着替えてたんですよね。(クリスだけジャケット着てなかったけど)。
そういえば、ガイ赤かったな~とうろ覚え。
ステージを去る前に、クリスが上着を羽織った時にやっと気付いた(遅)


Life in Technicolor ii
VIVA LA VIDA時代(笑)のアートワークが次々に映し出されるスクリーンが本当にきれい。
これで終わっちゃう・・・とは思っても、神戸最終日みたいに切なくなることは全くなくて、ただただ幸福感でいっぱいでした。





セットリスト
Reed more...
音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

香港旅行記 4 COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ Asia World Arena, Hong Kong 2009.3.25 (Part 1)

VIVA LA VIDA TOUR 100公演目の香港公演

hk02.jpg


電車でこれの下書きしてたら、iPodからGreen Eyesが流れてきて、涙が溢れそうになりました。

何度も涙ぐんで、きゃっきゃ笑って、叫んで歌って、本当に楽しかったんだけど、ライヴの間中幸せすぎてぼーっとしてしまっていて(おい)、実感がないまま終わっちゃった感じ。ライヴ直後はほとんど記憶喪失状態でした201
次の日成田から帰る電車の中でも話してたんだけど、前日ライヴ行ったなんて全く思えなくて、遠い昔のことのように感じちゃって。

それでも、ポロポロと思い出した断片を記念にまとめておきたい。クリス舌好調だったしね
4ヶ月以上経ってしまいましたが、ちょっとずつまとめていたのものをようやくアップします。


会場に戻って、帰りのバス停の確認のために会場を歩き回ったんですが、どこに行っても欧米人ばっかり!アメリカかヨーロッパにいる感じでした。
英語だけでなく、フランス語やイタリア語も飛び交っておりました。
イギリス国旗柄のジャケットのおっさん二人に目が点
飲んで食ってしゃべって・・・会場にも両手いっぱいにビールを持ち込む持ち込む275

グッズ売り場の横にペイントをしてくれるとこなんかもあって、時間があったらやってもらいたかったなぁ。

この右側が会場。
ついにVIVA全開(とっくにバレてた?)



荷物検査も何もなく会場に入ると、観客席(スタンド)の中に小さな黒い台が

ぎゃあCステージだぁ!!! ちっちゃ!! (ほんと、4人がギリギリ乗るぐらい)っと指差していると、席を探してると思われたのか、警備のおっちゃんに「チケット見せろ」と言われ、席に連れて行かれました。

Cステージのすぐそばではあったんですけどね
席は、こちらのBlock8の前の方。
ステージといっても、椅子の上に台が乗っかってるだけで、前の席には普通に客が座ってて、ずるーい、かわってぇーとジロジロ眺めてたらカップルがイチャつきだした(笑)


キョロキョロしているうちにすぐ時間に。
えっ・・・全然人入ってないんですけど。大丈夫なの!?

暗くなって前座開始。
前座は全く調べていってなかったんだけど、Mercury Revでした!
前座にしては異様な盛り上がりだと思ったら!

オフィシャルより A note from Will about Mercury Rev (March 25)

ボーカルさんが、途中でしゃがんで両手を羽にして飛びはじめて・・・笑
真似してひらひら飛ぶ観客多数。
最後はちょっと合唱も起こって、盛り上がって終了ー。


明かりが着いたら、よかった。満席になってる235
前座始まる時間が開場時間って感じで(笑)、出入りが激しくて(何しろ出入口が真横にあったので)、目の前で外国人と警備員の押し問答が繰り広げられているし、前座はあんまり集中できなかった。

そうそう、アリーナの後ろの方に小学生ぐらいの男の子がいたんだけど、全然見えないからずっとぎゅーっと背伸びしてて、可愛かった可愛そうでした。椅子に乗っちゃえばよかったのに~ 誰かさんみたいに・・・


双眼鏡でホッピーさん達を眺めつつ、スタンド席でも既に立って、流れてくる曲が終わる度に盛り上がっている観客を、まだまだっと笑って見つめる嫌な日本人。爆

U2(日本では流れなかったよね?)で盛り上がりは最高潮に。
ちょっと痺れをきらしそうになった頃・・・Jay-Z!!
きたーー!!!! と急に大興奮して服を脱ぎ出す私達(笑)

ステージではroadieの一人のウェインさんがブレイクダンスを披露343
Jay-Zが終わったら掃除に戻るウェインさん
今度はモップを使ってシュトラウスでもダンス→ゆらゆら揺れながら手拍子催促→走り去っていって・・・

暗転! ぎゃー!!!!!!!!

前座の時でもすごかったのに、それを上回るウルサさ!笑
でも負けずに叫んでたんだろうなぁ(怖)

あぁ・・・始まっちゃったよ。既に泣きそう。


Life In Technicolor
姿は見えないけど、花火の振り回し方でクリスだけは確実にわかる
黄色い光がだんだん明るくなって、四人の黒い影が黒幕に大きく映る演出が大好き。


Violet Hill
青い光の中で浮かび上がるドラクロワの絵。
ギターをかかえたまま、既に右に左に動き回るクリス。

一番最後のIf you love me....のところで替え歌。
Is there anybody out there? だったかな?


Clocks
リズムに合わせて放たれる赤い光がきれい。
クリス、途中であぁぁぁぁ~と発狂。


In My Place
替え歌
In Hong Kong In Hong Kong
Everybody is singing the song (ここうろ覚え)
In Hong Kong oh yeah...♪

ガイのところに行こうとするジョニーの背中を、クリスが頭でぐりぐり押してちょっかい出してました。牛みたい193
その後も、アラレちゃん走りで全速力で駆けて行ってジョニーに飛び込んだりしてました。
ジョニー、ご苦労様です。笑


Yellow
客席が黄色い光に包まれたところで、ご挨拶。
「水曜日の夜に、街の中心部から、わざわざこんなひとけのないコンサート会場まで大勢来てくれてありがとう」みたいなことを言ってたと思います。なんかペラペラしゃべってたんだけど、忘れちゃった。

「この曲やってほしい?」っと一旦じらして・・・ジャンジャンジャンジャン・・・♪

私達の隣の通路からも黄色い風船が投げ込まれていて、全部アリーナに飛ばしちゃってたんだけど、ちょうだーい!! っと手を伸ばしてアピールしてたら、一個スタンドにも投げ込んでくれました。
でも、最初に触った男性が一瞬でアリーナの方に飛ばしちゃった。バカっ!

なぜか前へ前へと運ばれる風船たち。ステージにどんどん風船がたまっちゃって、ジョニーとクリスとガイでせっせと蹴り返してました。
ジョニーなんて、ウロウロ歩き回って蹴り出す始末。
あまりに飛んでくるので、クリスが途中で何個か割ってたら、肝心な時に玉切れ!!

最後の合唱が終わって割ろうと構えてるのに飛んでこないので、どうしようか考えてぼーっとつっ立ってるクリス(←かわいい)
しばらくして、「風船がほしいんだけど・・・」とつぶやいたら、一個飛んできて、追いかけるも届かず・・・その次でようやく割るのに成功するという間抜けなエンディングでした


Glass Of Water!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
オーストラリアでやり始めたと聞いて軽く悲鳴をあげたんですが、香港でもやってくれました!!
すぴかさんと私で大盛り上がりだったんだけど、会場全体の盛り上がりはそこまでなかったような・・・229
爽やかでキラキラしてて、ライヴ映えする曲です420
文字やカラフルな模様がぐるぐる回る球状スクリーンがとってもきれいでした。


Cemeteries Of London
この流れ素敵過ぎる。この曲をまた聞けるなんて幸せ。
球状スクリーンには、メンバーの姿が次々と映しだされます。
ギターを持ちながらくるくる回るクリスが好きー178


42
紫の光の中、バックにクリスが白黒で映し出される演出、遠くで見たらますます素敵。
曲調が変わってピアノを離れ、グラグラ揺れたり手をグルグル回したり、ひとしきり踊(?)った後、ギターをかかえてガイの方へ。
曲調が戻るところでは、突然ギターを落としてピアノに・・・忙しい人だ。
そして、はぁはぁしながら"Everybody OK??"  こっちのセリフです・・・

その後、「後ろの方、遠いねぇ~」とか言ってくれて、みんなでぎゃ~~~!と叫んだら、「聞こえてるよー!」とか言ってくれたっけ?
そして、「一番後ろまで届くように歌うね。」って言って、会場の後ろの方を見ながら、おおお~~~~~~~~っと、息の続く限り伸ばしてくれました。笑


Fix You
この曲の、ステージの映像が並べてある青い背景も大好き。
クリスはジャケットを脱いで、白い「v」の文字が入った、黒いシャツ姿になってました。
白の服より好き175
連続手拍子をしてから飛び上がるところで、こんなに遠くからでもはっきりとおなかが

最後は観客にマイクをむけて、みんなで合唱。
満足そうな顔で、手で指揮をし始めるクリス。
最後は、両手で461

やっと思う存分Fix Youを合唱できました~233


Strawberry Swing
見所はガイの手びょ・・・(わかったわかった)
疲れてだんだん手が下がってきているようなガイさん。笑
ギターをからったまま頭の上でこぶしを交差させるクリスが、なんかかっこよかった。

ウィルとガイに促されて手拍子が大きくなってくると、それに合わせて地揺れが!!
スタンドの人たちが足まで踏み鳴らしていたのです。笑
楽しい237っと言って、一緒にドンドンやってました。


God Put A Smile Upon Your Face
最初クリスがしゃがんでて、どこ行ったかと思った。
ちゅいーん♪ を一個ぬかしちゃうジョニー(笑)


Talk
最後の半音階を連続で弾くエンディングが、いつ終わるの?ってぐらい長くて、だんだん速くなって大興奮


続く。
音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ 神戸ワールド記念ホール 2009.2.15 (Part 2) + 日本公演まとめ

この日のもう一つのハイライトは、(既に動画紹介しましたが)
'The Scientist'

紫のシャツに着替えて一人出てきたクリス。
紙を持ってきて、ピアノの上に置く。
出だしで、「ミナハッ ヒャックゥ~~~」・・・??
恥ずかしそうに大笑いしながら、ピアノの上の紙を確認するクリスさん
頭の中が「?」となりながらも、かわいすぎて死ぬかと思った。

それで動揺したのか、というか、どこで入れようか考え過ぎてたからか、クリス途中でピアノ間違ってた気がする。笑

そして曲の途中で・・・

ミンナハ ヒャクマンドルゥ~ノ
ヤケェダァ~~~~~~~~!


大成功!
「トライもしてないけど」とか言いつつ、いつもいつも、私達を喜ばせようと日本語がんばってくれて、本当にありがとう!


ラストの'Life In Technicolor ii'は、切なすぎてほとんど覚えてない。
あ、最後はクリスが正座してお辞儀してました!かわい175


ステージを去る時にウィルがドラムスティックを投げてくれたんですが、私の真後ろの方がゲットしておられました~201
散々だわ。


一番最後のVIVAのデザインって、神戸で変わったんですっけ?
キラキラカラフルに光っててとっても綺麗だったんですよね。
それすら写真撮ってない私・・・。

せっかく最前だし、と思って最初何枚か撮ってみたんですが、ほとんどブレブレで、それに気付いてさっさとやめちゃった。
動画でも撮っときゃよかったな~。ものすごく後悔中。
でも、4日目になっても、全く余裕がなかったんです。笑

1日目はスタンドだったからちょっと撮ったんですけどね。遠い・・・・
音はまぁまぁなので、よかったらどうぞ。

 Violet Hill
 さいたまスーパーアリーナ
 2/11 (2009)

 Chinese Sleep Chant
 さいたまスーパーアリーナ
 2/11 (2009)

 God Put A Smile Upon Your Face
 さいたまスーパーアリーナ
 2/11(2009)

大好きなChinese Sleep Chantを撮っててよかった。
やっぱりこうやって聞くと、これはガイの声かな~。
1:30の、クリスが手を上にあげるとこも好き。

Violet Hillには、クリスの「コンバンハ ハイ320も入ってます。


終わってから、サマソニの時みたいに蝶々の中に座り込んで、泣き出したい気分でしたが、バスの時間があったので、即行会場を出ました。
ギリギリかなと思って、荷物は三宮駅に預けていたのですが、着いてみたらだいぶ時間が余ってしまって、ドトールに入ろうかな~と思ったんですが(思ったんですよ!!笑)、とりあえずバス停付近で待つことに。

これならすぴかさんに挨拶して帰ればよかった...なんて思ってたら、すぴかさんから、150「ホテルで泣いてます」メールが来て、一気に涙が溢れ出しそうになって、花時計前の公園に一人座って涙こらえてました182(寂)

狩野英孝似の、ピンクのジャンパーを着た怪しげな男性が点呼を取っていて、私もこのバスなのかな?と思って恐る恐る近づこうとしていたら、見慣れたコート姿の女性が・・・!
すぴかさんがお見送りに来てくれたんです
会いたくてたまらなかったので、本当に嬉しかった。
ここで、'Scientist'の時クリスなんて言ったの?って話になって、なんか見当違いなこと言っちゃった記憶が(笑)

泣く泣くお別れして、バスに乗り込んだところで、すぴかさんから電話がっ!

「クリス見ちゃいました!!」という第一声を聞いて、
出発前の静かな車内で、「えぇっ!」と叫んでしまいました。

その後来た詳細メールは永久保存版です(笑)
ドトールから出てきてバンに乗り込むところを目撃したそうで、叫んでいた女の子たちに聞いたら「Coldplayのボーカル」さんだったらしく(笑)、手ふったらふり返してくれたんですって!

すぴかさんの潜入捜査によると、ドトールで、クリスは待ち時間がなくて何も注文しなかったそうです。
あと、募金箱を興味深そうに見てたっていう他の方の情報もありました。
何しにきたんだ!?

あの時ドトールに入っていればー!
って、絶対入れ違いになってましたけど(笑)
ドトールを見る度に、このことを思い出してニヤニヤしてます。
すぴかさん、こんな経験してくれてありがとう(笑) 私まで大興奮しちゃいました。
すぴかさん大好きです(告白)


この事件があったのは9:30頃だったんですが、9時前頃には新神戸駅の新幹線の改札のところでクリスが目撃されてたんですよね。
2ショット撮ってる方も何人かおられたんですが、とっくりのセーターとボサボサの髪のダサい姿に爆笑。私がもし新幹線で帰っていたとしても、気付いたかどうか怪しいです。


行きはあんまり眠れなかったんだけど、帰りはばったり。
それなのに、大阪でバス乗り換えなきゃいけなかったりして、あのぼーっとした頭でよく帰りついたな(笑)

東京駅に着いて、ホッピーさんに思いを馳せつつ、しぶしぶ電車に乗って帰宅。
すぴかさんが三宮でクリスに会った時間から計算すると、最終に間に合ってないはずなので(時刻表もらって調べた)、今日東京に戻ってくるんだろうな~とは思いましたが、待っててもしょうがないので帰りました。(ひどい顔になってただろうし。笑)

途中で学校に寄ろうとしてやめたんですが、この日、Eric Claptonが上野(っていうかアメ横?)に来てたらしい!(しまった)

家に着いたらもう涙が止まらなくて、しばらくグズグズやってました



死にそうになって作曲の提出を終えた次の週、グラミー賞があって、その直後に日本公演。本当に夢のような日々でした。
COLDPLAYファンの方々とお友達になれたことや、スタッフさんと出会えたことも、素敵な思い出です178

サマソニと全く違う感動が味わえて、そして、4日間それぞれの公演で、全く違った楽しみ方ができて、何度見ても、また見たくなる。またあの至福を味わいたくなる。

音楽は時に人生観を変える。
このことを実感させてくれるようなライヴで、音楽の持つ力に圧倒されました。

音楽に加えて、ステージの演出もアーティスティックで、何より観客の私達に対する気遣いに溢れていて、全身で音楽を、そして喜びを感じさせてくれ、いつもいつも本当に温かい気持ちにさせてくれました。
こんなに大きい会場なのに、なんだろう、この親密感。すぐそばで歌ってくれているように、彼らたちの思いが、心にまっすぐ届くんです。会場が幸福感で満たされているように感じました。

COLDPLAY、そしてスタッフの皆さん、本当に本当にありがとう。

ほとんどクリスとガイのことしか書かなかったけど、やっぱりCOLDPLAYはこの4人じゃないとダメなんだ!と強く感じました。4人のケミストリーは最高だし、一緒に演奏するのが楽しくてたまらない!っというのが本当によく分かる。
それが特に伝わってきたCステージに近づけなかったのは残念でした。
・・・・それは後にリベンジを果たします


っと、5ヶ月たってしまった今、つらつら語られてもね。笑
(記事自体はもうちょっと前に書いてたんだけど)

クリスクリス、ガイガイと騒いできましたが、実は、ライヴ中一番名前を叫んだのは、ジョニーかもしれない。笑
だって、見せ場が多いんだもん♪(クリスのせい?)


そういえば、神戸ではコーベコーベ言ってたけど、サイタマっては言ってないよね?
サマソニの時は、チバ~って言ってくれたのにね!



最終日のセットリスト
Reed more...
音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ 神戸ワールド記念ホール 2009.2.15 (Part 1)

さて最終日!(さてって・・・・もうあれから5ヶ月以上経ってしまったんですね・・・)

最終日は、アリーナ最前列という最高の位置だったのですが、ちょっぴり切ないです。この日のことを思い出す度に、胸がキュンとなります。笑
もともとこの日は行く予定ではなく、ありえない番号をありえない金額で譲っていただいたので、行っちゃうことにしたのです。
でも、もしこの日行ってなかったら、一生後悔したと思います。譲ってくださった方に心から感謝。

他の日のライヴレポ


早起きして、すぴかさんたちと合流。
この日の午前中、ある場所でたまたま'I'm a believer'がかかって、今日はやるっ!と確信しました。全然関係ないけどね。笑

ランチの後ホテルに荷物を取りに行くので一人別れ、その後、三ノ宮駅でAyamiちゃんと束の間の再会。前日のライヴのこと等を興奮して語り合い、バタバタと会場へ。

さいたま公演で出会った方と再会したり、先に会場に行かれてたすぴかさんたちとの別れを惜しんだりしつつ、同じ方からチケットを譲ってもらったYさんと一緒にアリーナの列に並ぶ。
前日一緒に入り待ちをした方々とも再会しました~(って朝も会ったんだけど)♪
その方たちによると、「今、中でパーティをやってるらしい314」という話でした。

まぁそんなこんなで会場に入ったわけですが(Cステージにホッピーさんがいた♪)、最前列付近まで並ばされて連れていかれたので、わっと一斉に散った時に、Yさんとはぐれてしまいました263

で、気付いたら、すぴかさんに念を押されていた(笑)最前列のガイ特等席を確保
始まったら押されて結局真ん中付近にきちゃったんですが、クリスとガイを見つめ放題の最高の場所でした。

この日に初めて、ジョンくんとやら(笑)がどんな顔なのかわかりました。
噂どおり(?)なかなか可愛かったです。
この日は、周りにあまり話せる人がいなかったので、すぴかさんと「パーティでガイが酔っ払ってたらどうしよう」なんてくだらないメールをしつつ、待って待って待って・・・150 「ラップきたー!」

いつも通り、Jay-Z→ドナウ・・・そして・・・・!

始まったら予想通り結構押されましたが、対策はばっちりだったので。笑
あのサマソニでの揉みくちゃに比べたら!!

この日もメンバーは花火を持って登場 469
用意された容器に順番に花火を入れて消すところがなんか好き。笑

あぁ近い・・・・ガイが近い
前日Bステージの前にいた時も、ガイだけはちょっと見にくかったんですよね(小さいから)。クリスやジョニーは12日と14日に間近で見れたんですが。

はぁ・・・ちょこちょこ動かす指がきれいすぎてやばい。


'Life In Technicolor'で始まり、'Violet Hill'
この日はちゃんと黒幕あがりました!

'Clocks'はずっとクリスの顔を見てたんですが、目がいってた
狂ったような声を出しながら、いきなりかっと見開いたりして怖かったです(笑)

ジョニーとガイが並んで弾いてニコニコしてたのに嫉妬したのか(違)、'In My Place'では、クリスが、"Go Jonny"×4回連呼してた。
↑ この、「ご、じょーに♪ ご、じょーに♪」の言い方がかわいすぎ。
「ありがっとーごーざいまーしたっ」もかわいかった175


この日も'Yellow'の前に、「ライトをつけて!」そして、「タノシンデル?」
お決まりの「僕達はColdpalyです♪」の挨拶の中で、「今日は日本での最終公演だから、全部出し切っちゃうよ!僕達も楽しむから、みんなも楽しんでね!」みたいなことを言ってました。
(簡単なメモとかすかな記憶を頼りにまとめてるので、クリスのMCとか違ったらごめんなさい。)

小さく"Everybody OK?"・・・
そしてあのイントロが鳴り出す瞬間はいつ聞いても幸せです。
後ろ足で風船を蹴り上げるクリスがかわいかった。

最後の風船割りのところで、またガイがクリスを狙ってたけど(今度は足で)、クリスが気付かず失敗。というか、それをクリスが蹴って観客に戻してしまって、その後、観客から投げられた風船で2回連続割るのに成功したのに、3回目を狙ったのか、またガイが風船を蹴り上げて、またクリスは気付かず・・・・
ガイ、どんまい!(え、もしかして邪魔だから蹴ってただけ?)


この日のハイライトは、なんといっても・・・
'Cemeteries Of London'!!!!!!!!!!!!!!!
私、この曲がライヴで聞きたいとずーーーーっと言ってたんです。
それこそ、アルバムが出る前、最初に音源を聞いた時から。

でもVIVAツアーが始まってみると、なかなかやってくれなくて、去年の9月からのヨーロッパツアーでセットリストに入れだした時は大興奮したっけ。でもいつの間にかなくなって、12月のロンドン公演でもやってなかったから、こりゃだめかなって諦めてたんですが、日本公演最終日にして、やっと念願がかないました。
この曲、4thの中で一番好きかも。ガイのお気に入りの曲だからってわけじゃないよ!!笑

不意打ちをくらって泣きそうになりながらも、大声で叫んでおりました。たぶん。


'42'
の最後。この日は伸ばさないで、おおおーおっおっおっおっおっおっ・・・と下がって締めくくってた。妙に嬉しそうな笑顔だったらしい。(覚えてない229

'Fix You'で、一瞬声が裏返って、'Oh...'と恥ずかしそうにするクリスに
こぶしを握り締めて心をこめて歌うクリスに

そして、最前列で一番楽しみにしていたのは、'Fix You'でのクリスの狂ったようなダンスだったので(笑)、思いっきり堪能しておきました。
ぐにゃぐにゃ動いて、突然、クリスにだけ見える壁にぶつかってバウンドするようなアレです。
ん?それって42だっけ?いや、いつもだっけ?
とにかく、ステージの一番前までやってきて、ちょっとかがんだ状態で連続拍手してから飛び上がるクリスは大迫力でした。笑
おなかが・・・・278

'Strawberry Swing'の見所は、ガイの手拍子♪ だっけ?(違うだろ)
頭の上で手拍子をするガイがかっこよすぎるんです233
途中で、"Now my feet won't touch the ground"のところで足を交互にあげるクリスがかわいすぎて浮気しました。


次はBステージ。行かないでー(おい)!この時だけ前日に戻りたかった。
Bステージに移動中、クリスコールがおさまったあたりで、ガーイと叫んだら、周りもガイガイ叫びだして、実は隠れガイファンが多いのか?と疑ってみた。

'God Put A Smile Upon Your Face'のこの日の替え歌は、on my way to Kobe!!
この日も、ウッウッアッウッウッウッアッウッと狂っておりました。

'The Hardest Part'の前に、クリスが「日本語が下手でごめん。まぁがんばろうともしてないんだけど。」かなんか言ってたんだけど(たぶん)、これが伏線だったんですね~(ほほほ)

実はこの時、クリス以外の3人がステージに戻ってくるのと同時に、私の周りの人たちもみんな前を向き始めちゃって・・・・。ちょっと待って、みんな!クリスまだ残ってるじゃん!っと心の中で叫びつつ、最前列確保が怪しくなってきたので、しぶしぶ私もステージの方に向き直りました。

向き直った瞬間・・・
ぎゃー!ガイが座って私を見てる!(勘違い)
一瞬クリスの歌が頭から吹っ飛んじゃいましたよ~

その後はクリスの歌をBGMに(笑)、水かビールかわからんがとにかく何か飲んでるガイやら、Postcards~の間にティンパニーの準備をしているウィルやらを眺めておきました。
ガイが立ち上がった時、やっぱりガイちっちゃいにゃ~178っと思った。笑


'Viva La Vida'
は多分興奮しすぎていたのであんまり覚えてないんだけど、「神戸と大阪のみんな~♪」とか言いながらクリスが花道に行っちゃったので、最後の合唱の時は叫びながらガイを見てた。
歌う時顎を上げるガイが好き 笑 ほくろまで見えそう~

曲が終わった後、オオオーオオー♪ を続けようとするも、自分の声が響くだけだったので諦めました。
続かなかったの、この日だけだよっ

クリスが泣きそうな声で「ウィル・・・」とつぶやいて、'Lost!'
前日と同様、太鼓をたたくガイに釘付け。あっけなく終わってベースに移るのが素敵。笑
ベースに移るところをみるために、サマソニの時思いっきりジャンプしてたのが懐かしいです。

その後、クリスがいつも通りバチを太鼓に叩きつけて飛ばしたんですが、その一本が、私の目の前に飛んできたんです
でも柵があって取れず201
何人かで手を伸ばしましたが届かず、怖そうな警備員さんたちに熱視線を送ってみても、警備員さんもどうしようか迷ってるみたいで取ってくれず。

目の前のバチが気になる中、メンバーはCステージへ。
'Cemeteries Of London'に押しのけられた'Speed Of Sound'のアコースティックバージョン♪
レアすぎる。笑

そしてやっぱり!!(笑) 'I'm A Believer'!!!
Are you in Love? ウ~~~♪
Screem if you in love? ギャ~~~♪笑

楽しいっ!

Viva La Vida remixの時、もう一回警備員さんに目と手で訴えてみると、取りに来てくれたんですが、その後適当に投げちゃって、もちろん一本のバチにどっさり手が群がって・・・・・一瞬触ったんだけど、負けました
最後はじゃんけんになってたけど(笑) 結局隣のカップルがゲットしておられました~
その時、群がりすぎて最前列が本気で危うくなってしまったんだけど、それだけはなんとしても死守しましたよ。笑

そんな騒動で、携帯振る暇も余裕も(何しろギュウギュウで)なかったのですが、ちゃんとみんな振ってくれてよかったです。(←何様)

ちょっと悔しがりながら'Politik'を歌ってたら、いきなりクリスと目があって心臓止まりました。はい、また勘違い勘違い。
でも、その時は私を5秒ぐらい見つめながら歌ってくれたと本気で思ってしまって(爆) その後びっくりして口パクになっちゃいましたが

'Lovers In Japan'で蝶々を浴びながら、どうしようもなく切なくなりました。
幸せ過ぎた一週間がもうすぐ終わってしまう・・・・

続く。
音楽 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑

COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ 神戸ワールド記念ホール 2009.2.14 (Part 2)

メモに「ピアノで手をあげたまま止まる」とか書いてたんですが、いつの出来事だったのか、全く記憶がありません。'Lost!'でバチをなかなか下ろさず、ずっと手を上にあげたまま歌ってたのは覚えてるんだけど。笑(←どうでもいい)

あと一つ謎のメモが・・・「ウィルの後ろ姿」。ウィルの後ろ姿がどうしたんだろう。
きっと素敵だったんではないかと・・・

前編に引き続き、ようやく後編のアップです。

COLDPLAY@神戸ワールド記念ホール 2009.2.14 [ 後編 ]

さて、Bステージが終わって'Viva La Vida'
私は呪縛から解かれたように、ぴょんぴょん飛びはねながら声の限りに歌ってました。
"Long live the king!"のとこで、クリスが耳に手をあてて客席にマイク向けたんだけど、みんなで叫べなくて残念。

後半のオオオーオオーの合唱を聞いて、幸せそうに両手をあげるクリス178
その後左の花道で自分を撃って倒れた姿は、目の前にピアノが置きっぱなしにされてるせいであまり見えず(まぁ12日に堪能したので妄想でカバーです229
鳴り止まないオオオーオオーの合唱、足でカタカタ音を立てるクリス、そして1,2,3,4....で生き返り、'Lost!' スキップしながらステージへ~笑 ランララン♪

太鼓を叩くガイに釘付け233
バチを太鼓に叩きつけて飛ばすクリス。ガイの肩に手をかけ、それからまた私達の方にやってきました。そしてなんと・・・・
目の前でクリスがステージを降りちゃったんです!!!
ぎゃああああ!と発狂したことは言うまでもありません。笑

今回のツアーで楽しみにしていたものの一つが、球状スクリーン4041
サマソニじゃもちろんなかったからね。笑
さいたま一日目、後方に一個ついてるだけだったので、えー?一個だけ?と心配していたのですが、始まったらちゃんと、ステージ付近に3つ(だっけ?)、両サイドに1つずつ、上からスルスルと下りてきました。
映像も凝っていて、本当に素敵だった!
この'Lost!'の時はまたカラフルでとっても綺麗なんですよね~420



ろーーおっおっおっおっ・・・とお茶目に'Lost'を締めくくり、次はCステージ。
行く途中でクリスがウィルをつかまえて何かささやいてるー194

この日は、'Green Eyes''Death Will Never Conquer'
肉眼で見たり、スクリーンを見たり、キョロキョロしておりました。

Viva La Vida remix
がかかって、若干フライング気味で携帯(というかカメラ)を振るすぴかさんと私(笑) この日も綺麗な光景を彼らに見せることができました・・・よね?

そしていきなり始まる'Politik'のイントロ。この瞬間が大好きなのです415
最後の、"Give me love over~"のところもたまらなく好き。
この日もグノシエンヌを演奏してくれ、またまたぽーっと・・・

'Lovers In Japan'の前、クリスがピアノの横で傘を開いて準備してました
すぴかさんと顔見合わせてキャイキャイ。

途中クリスが手招きして、ガイが中央へ。ジョニーとガイに挟まれて幸せそうな(?)クリス。笑
蝶々が降り注ぐ中、準備していた番傘を持ってスキップして左の花道へ。さいたまの時ほどクルクル回さず、高く掲げたまま歌ってたような。

途中で青い光に変わり、浮かびあがる色とりどりの蛍光の蝶々・・・
何度見ても素敵過ぎる光景です。

この曲の中で、日本人二人の名前を叫んで「結婚おめでとう」かなんか祝福してたんですが(違ったらスミマセン)、どうやら新幹線で遭遇したカップルさんのことだったようです。
あと、Osaka sunのところで、"and the Kobe sun!!"と付け足してました236

'Death And All His Friends' サマソニで寂しすぎて泣いた曲。
でも今回はまだアンコールがあるって分かってるもんねー(え?)
私、さいたまのレポで最後の曲で「サイゴーサイゴー」て叫んでたなんて書いてましたよね?
なんでわざわざ「最後」って叫ぶんだろう?なんて思ってたんですが、「最高」だったんですね!!爆

サイコーサイコーサイコーサイコー
アリガトゴザイマ――――――ス


もう・・こっちのセリフですっ240

メンバーひとりひとりが観客みんなに拍手をし、中央で肩くんでお辞儀。
(ウィルだけ長々と一人で拍手し続けてて、慌てて合流してました。笑)


後ろのスクリーンにはVIVAの文字。
まずクリス一人戻ってきて、ピアノに座って'The Scientist'
Come up to KOBE♪ アハッ 
だんだん青い光が明るくなり、他のメンバーも登場。
Nobody said it was easy~

最後は'Life In Technicolor ii'
後ろのカラフルなアートワークがきれい。
みんながオオオーオオオーと叫んでくれて嬉しそうなクリス。"incredible audience"と言ってくれました。最後にもう一度アリガトーゴザイマシターイェイ♪かなんか叫んで、また明日!って言って去っていきました。(あ、明日も来ること前提なんですか?)

カラフルなVIVAの文字が光り輝く中、'The Escapist'が流れ、余韻に浸りながら蝶々を拾う。

すぴかさんと幸せいっぱいで語りあいながら、会場を出て電車に乗り、lalaさんやAyamiちゃん、朝会った男性の方と合流。朝暑くて服をホテルに脱ぎ捨ててきたため、寒くて寒くて、すぴかさんに引っ付いて震えてました。そういえばまだ二月だった・・・

次の日の(朝6時から散歩中のガイを犬に襲わせる)計画があったので先にホテルに帰り、幸せいっぱいなんだけど、ちょっと寂しく、ちょっと悲しくなりながら就寝。次はいよいよ最終日・・・

あぁ・・・妄想の数々が懐かしい。笑


セットリスト
Reed more...
音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR @ 神戸ワールド記念ホール 2009.2.14 (Part 1)

信じられない!
'Violet Hill'がラジオで初めてオンエアされ(確かクリスとジョニーが出演してた)、それからオフィシャルで一週間のフリーダウンロードが始まった。あれから一年なんですね!(⇒その時の記事
その間にライヴを6回も見て・・・ワクワクしっぱなしの怒涛の一年間でした。

下書きにあった2月14日のライヴのメモをちょっとずつまとめてたんですが、何しろ長くて・・・
ライヴから二ヶ月半も経った今、ほとんど需要はないと思われますが そんなことおかまいなく前編・後編に分けてライヴレポをお送りします。

COLDPLAY@神戸ワールド記念ホール 2009.2.14 [ 前編 ]

すぴかさんとアリーナの列に並び、いよいよ開場。会場小さいっ!さいたまの半分ぐらい?
一日目はスタンドから、二日目は左の花道を堪能したので、この日狙うはBステージ!!

この日も「走らないでくださいっ」と叫ばれながら、一目散に右の花道へ突進
最初ステージ正面で、暑苦しげなおじ様の横に窮屈に並んでたんですが、花道の右側がガラ空きなのに気付き、Bステージの真横に急いで移動。
目の前にVIVAピアノと椅子が置いてありました。ウキウキ



床には既に蝶々が何匹か落ちてる・・・ ちょっとハート型とか期待してたんだけどな。笑

そうこうしてるうちに、ジョンくんたち(笑)登場~
(それで思い出したけど、今こちらでJon Hopkinsの'Light Through The Veins'が無料ダウンロードできます。)
好き嫌いが分かれたみたいだけど、私は結構好きだったんですよ。
でも、前の日ほとんど熟睡してないし、疲れがピークで、しかも三回目だし・・・柵にもたれたまま目が・・・つぶれそう・・・
その時、いきなりホッピーさんがギターをBステージ付近に置きに出てきて、ガバっと目が覚めました!笑

COLDPLAYが始まるまでの時間は長い待ち時間になるはずでしたが、前日スタッフさんたちに遭遇していたおかげで、「あの人いたよね~」「あの人に写真撮ってもらったよね~」とすぴかさんときゃっきゃ言って盛り上がっておりました。
ホッピーさんがクリスの位置に立ったのでガン見してたら、ギターで'Life In Technicolor'を弾き出しちゃうし

そんなこんなであっという間に時間が過ぎて、ドナウが流れ、花火を持ったメンバー登場~352
あいかわらず挨拶が一人激しいクリスさん。

12日はこの時点でもう揉みくちゃでしたが、あ、あれ?全然押されないんですけど・・・快適すぎて、逆に拍子抜け。
しかも視界がクリアで見やすいっ!ガイのピアスがまぶしいっっ!!

この日も'Life In Technicolor'→'Violet Hill'で幕開け・・・しかし、'Violet Hill'で黒幕が引っかかってあがらない!ガイがニヤニヤしておりました。爆
'Violet Hill'の後、ミナサンコンバンハ

オイっ!と叫んで、'Clocks'
この曲でハイになっちゃうクリスが大好きです。

Lights! と叫んで明るくなり、'In My Place'
イェ――――――!の前で、クリスがウタッテッ!(出たっ!)

右の花道の付け根でガイとジョニーが並んで弾いてるところへクリスが・・・そして花道に来た~~っ! ぎゃ~~~~!! っと手を伸ばす。

記憶が怪しいんですが、いつものようにジョニーを紹介した後、「今そっちに行くからね、ジョニー!気をつけなよ」みたいなこと言ってませんでした??  聞き違いっていうか妄想だったらすみません
何て言ったにしろ、いつものように左の花道まで突っ走っていってジョニーに飛びかかり、最後のoh yeahで後ろに倒れ、ジョニーに起こしてもらう。アリガトウゴザイマースと言ってステージに戻っていきました。

次は'Speed Of Sound'だったんですが、なぜかいっつも、'Speed Of Sound'の記憶ってないんですよねぇ。笑

黄色いライトで照らされ、幸せいっぱいになってるところで、タノシンデル?
楽しいに決まってます。
それで、ここでいっつも「僕達はCOLDPLAYっていって~イギリスから来ました~」みたいなことを言うんですよね。「神戸にこれて本当に嬉しいよ。来てくれてありがとう。日本語がクソでごめん。でもみんなに会えてうれしい。」みたいなことを言ってた気がします。

ちょっと小さいな~とか言いながら、Everybody OK?を三回ぐらい叫んで(じらすな!)、'Yellow'
目の前に、東京駅で小銭を拾ってあげたスタッフさん(笑)が出てきて、柵の中に入った黄色い風船をせっせと外に出してました。

最後、タイミングよく風船が来なかったんだっけ?
とにかく、ガイがステージ上の風船をつかんでクリスの上に投げたら、クリスの頭にこつんと・・・ぶひゃひゃひゃ ガイはニヤニヤ、クリスはぽかーん。もう、二人ともかわいすぎっ!
笑われながらも(?)無事に風船を割り、アリガトゴザイマース

次は、このツアーで大好きになった'Chinese Sleep Chant'
こんな曲で"Sleep Sleep"言われても眠れるわけないですが。笑
あのガイの低い歌声は、やっぱりクリスの声に聞こえる・・・

'Chinese Sleep Chant'のライトも綺麗だけど、'42'の演出も大好きです。白黒の映像に紫の光→曲調が変わってクリスが壊れるところでは赤のライトがビガビガ。
最後はオォオ――――――――――っと伸ばせるだけ伸ばして・・・すぐに'Fix You'・・・泣
そして'42'より更に壊れるクリス329
最後、I will try............アッ(←何これ)to fix you.
ここらへんで慣れてきたのか、「ゴザマシター」みたいな挨拶になってた。笑

'Strawberry Swing'はあんまり集中して聞けなかったような。だって次はいよいよBステージ
ピアノを持ち上げたり、スタッフさんが慌しく動いておりました。

そして、きた――――――!!!
目の前にいるウィル、ジョニー、そしてガイに見とれて写真撮ろうとしたら、遅れてなんか変なの(クリス)がきたっ!動きがおかしすぎて、もう写真どころじゃなくなっちゃいました。

'God Put A Smile Upon Your Face'で、"I've got to say I'm on my way to Japan!"と替え歌。歌詞の「face」のところで、「ファ」と「フェ」の間のような音を狂ったように連呼するクリス・・・大丈夫?

ギターをぞんざいに床に捨て、ピアノに座って'Talk'
最後に半音階を繰り返すんだけど、近くで見ると思ったよりずっと激しくて、足でリズムを取る音なんかもカタカタカタカタいってました(他の三人はこの間にステージに戻る)。

弾き終わった後、ペットボトルの水を飲んで目の前に置くので、ちょうだーいっと手を伸ばす(コラ)。

落ち着きなく、手を小動物のように動かして、顔と髪を何回もゴシゴシこするクリス
かわいすぎて下で真似してました。笑

そして、「タノシンデル?」(またきた!)

オーストラリアからきた友達のなんとかさんのために'The Hardest Part'をやります。その後は大きなシンガロングをやろう」と言ってピアノ弾き始めたんだけど、自分が映ってるスクリーンを見て、手で顔を隠して恥ずかしい・・なんて言い出す。今更?

ピアノに汗をボタボタたらしながら、足をカタカタ言わせながら、
'The Hardest Part''Postcards From Far Away'

幸せすぎて、感動しすぎて、身動きも出来ずに聞いてました。うまく言葉にできないんだけど、こんな感覚初めてってぐらい、もうどうしようもなくて、ただひたすらぽけーっとクリスを見上げてました。

もともと、(あのPVを見たのが好きになった後だったってこともあり 笑)'The Hardest Part'、本当に大好きだったんです。浪人時代に死ぬほど聞いてました。
ガイとジョニー(だっけ?)がこの曲好きじゃないってことで(笑)、クリスがソロで披露したのが、サマソニの後のBBC Radio Theatreでのギグ。ネットで生放送を聞いてたんですが、本当に美しくて、その時も動きを止めて聞き入っちゃったのを覚えてます。このソロバージョンはガイとジョニーも好きらしいです235

気持ちを整理する間もなく、すぐに容赦なく(?)'VIVA LA VIDA'が始まっちゃうから大変です

'Postcards~'の後、クリスが口からぺっと赤いものを吐き出したんだけど(笑)、なんだったんだろう・・・
ジャケットを着て、ペットボトルの水をくじらのように潮吹き246
オオオーオオーの合唱の中、客を煽りながらステージに戻って行っちゃいました。

後編に続く。。。
音楽 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

VIVA ホッピー♪

今更すぎるCOLDPLAY神戸レポの前に・・・
前日13日と、14日のライヴ前までの出来事を少し。

その前に、ホッピーさんをさがせ

ガイが床に座ってベース弾いてる動画を探してたら、ホッピーさん発見。
2001年の動画です。



もっと前の2000年のHMVストアでのライヴ映像にも度々登場します。
この時のクリス、興奮気味で可笑しいよね(え、いつも?)
Part5までありますが、Part2にはフィルも出てきます

すぴかさんのブログで、ガイのハッピーバースデイがステージ上で見れなくて残念、ウィルとジョニーの誕生日もライヴの日とかぶってないって話が出てましたが、じゃあフィルは?と思って調べたら(Oracleがこの間教えてくれたんです)、見事かぶっておりました。
是非またステージ上にあげてほしいなぁ



さてさて、2月13日、クリスが私の庭上野の国立博物館で目撃された(噂です)頃、私はすぴかさんと東京駅にいました。

室伏さんもいたし、その時は名前思い出せなかった芸能人(小松政夫さんでした)もいたし、あの日の東京駅はなんだったんでしょ?

11時過ぎだったかな?なぜか私達を取り囲むようにワラワラと外国人が集まり始めて、んん?もしかしてスタッフさん?(冗談で)
荷物に番号札があって、43・・・?42だったらスタッフだろうけど~(笑)とか言ってたら・・・

あの赤髪の女の人いたっ!
上着の後ろにX&Yの模様が~!
ていうか、普通にカバンにCOLDPLAY VIVA LA VIDA TOURって書いてあるし!バレバレ

小銭をバラバラと落とすスタッフさんの小銭を拾ってあげる
小銭拾ってあげたし?写真撮ってもらいたい~とか言ってたら、ホッピーさん発見
(ツアーパンフレット見て知ったんですが、本名はCraig Hopeさんなんですね。)

後ろでキャーキャー言ってるのもなんだし、キオスクで買い物されるのを待って写真頼んだらびっくりされました(笑) しかも別のRoadieさんに写真撮るのお願いしちゃった。

他の方たちも面白がって、後ろに入ってきたり、逆に写真撮られたり・・・ (ビール片手に後ろでポーズ撮ってた方とは、香港で再会?しました。)

とりあえず、デビュー当時から(ずっとか知らないけど)COLDPLAYをサポートしてこられた手だよ、とか思いながら握手しておきました。
ホッピーさんだけであんな舞い上がっちゃったのに(バカ)、本人たちまでいたらどうなったことやら・・・

でも是非、あのグラミー賞の衣装で新幹線に駆け込み乗車(ジョニーは乗り遅れる)するところを目撃したかったです。

そんな妄想をしつつすぴかさんと別れ、その日の夜、夜行バスで神戸へ
ものすごい雨であまり眠れなかった・・・。

朝8時過ぎに三ノ宮に着き、あまりの暑さにびっくり。次から次に服を脱ぎまくったため荷物がすごいことに。そんな中、道に迷う(いつものこと)。
ありえないくらい時間かかってなんとかホテルに着き、ゆっくり準備をしてから、その辺をぶらぶら
お昼頃lalaさんから連絡があって、会場で合流。既にあと二人、東京から来られた方も。

強い日差しの中待っていると、ちょうどすぴかさんが来られた頃、中からクリスの声が・・・・一同がっくり
何もクリスの声聞いてがっくりしなくても、と思いなおして、よく聞こえるところに移動し、勝手にSound Check Party(日本でもやってほしかったよぉ。。)
それにしても、神戸ワールド記念ホール、音漏れがすごいです。隣は老人ホーム?みたいなところだったのに、大丈夫なの?

その日に全部取材なんかもまとめてやったみたいで、お花が届けられたりしてました
あのrockin'onの、クリスが座っていたソファーが落ち着かなかったのかズリズリと床にしゃがみこんで、キラキラ上目遣いで受けたインタビュー(笑)も、あの日あの中でやってたんですね。

その後ランチを食べに三ノ宮へ。そこでAyamiちゃんと初対面
lalaさんも無事にチケットゲットできたところで、再びポートライナーで会場へ
買い損ねてたビッグイシューをゲットし、スタンド席の二人と別れて、すぴかさんとアリーナの列に並ぶ。

ライヴ編に続きます。いつかきっと・・・(え?
音楽 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MTV World Stage : COLDPLAY !!!


うっかりまた泣きそうになった。

MTV WORLD STAGE見ました。南米の放送だったから、OK Go...みたいなのにもいちいちスペイン語の字幕が入ってておかしかった。わざわざ「Arigato」も入ってたし。笑
早くちゃんと録画したやつを見たいー!けど・・・私がいた付近結構映ってたので、綺麗な画面で見るのが怖い。笑

放送されたのは、実際のライヴの半分ぐらいかな?
開演前、「今頃4人で肩組んでるかな~」ってすぴかさんと話してたんですが(神戸で)、やっぱりやってた(笑)

Life In Technicolor
Violet Hill
In My Place
Yellow
Fix You
God Put A Smile Upon Your Face (partial techno remix)
Talk (partial techno remix)
Viva La Vida
Lost!
Lovers In Japan
The Scientist
Life In Technicolor ii

MTVの一時間番組だし、こんなもんでしょ。
でも、せっかく綺麗に撮れてるのに全部放送しないなんてもったいない・・・

MTVドイツに、『Ab Montag geben wir euch die komplette Show auch online!』と告知が。
「月曜日にオンラインで 'Complete Show' が見れます」ってこと?
このCompleteってのは、テレビで放送したもの全部ってことですよね・・・
ありえないけど、ライヴ全部とかだったら嬉しすぎて泣きます

追記:月曜日まで待たなくても(?)、MTVフランスで全曲見れそうですね


The Hardest PartとPostcards From Far Awayをしっとり聞かせて、すぐViva!っていう流れが素晴らしすぎたから、それがなかったのが残念すぎ。
VIVA→合唱でクリスを起き上がらせて→Lost! はそのままだったからよかった。

Violet Hillは最後が中途半端だし、 YellowもFix Youも最後の方編集されてました。おかげで風船割り失敗クリスが見れなかったよ!ちゃんと一回で成功したようにうまく編集しやがってー!
見てて思い出したけど、Yellowの前に、「この曲やってほしい?」「ほんとに~?」とか言ってじらしてたよね?(この日だっけ?)

Lost!でガイが太鼓叩いてるの見ると、神戸最終日、私の目の前に飛んできたのにゲットできなかったバチのことを思い出してしまいます
ベースに戻ったガイの後ろで左右にひょこひょこ顔を出すクリスがらぶり~

そしてLovers In Japanの番傘クリスは何度見ても可愛すぎです
Osaka sunをTokyo sunに変えなかったのは、ジョニーにちょっかい出すのに夢中だったから?かと思ってましたが(おい)、やっぱり世界中で放送予定のライヴだったからかな~?この日日本語がちょっと少なかったのもそのせいかもね。

合唱ですが、もっとひどいと予想してました(笑) 意外となってたじゃん。The Scientistは見事にしーんとしてましたが。笑

はぁ~二週間前にはあの中にいたんですよね~。なんか信じられない。
クリスが動き回りすぎなので、カメラマンさんバタバタと忙しそうだったな~



買いだし(人多すぎ・・)ついでに本屋に寄ってrockin'onゲットしてきました。
写真だけ見てニヤニヤ・・・。そのうち読みます。
音楽 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Preview of 'MTV World Stage' : Coldplay

朝からベナユンのおかげで最高の気分だったのに、ここんとこずっと悩まされてる親子に親子で悩まされ(笑)、愚痴大会。Christian Baleみたいに怒鳴りちらしたい気分でしたが(無理です)、可愛い後輩が来てくれたので和んだー。ふぅ。

今日はヒュー・ジャックマンとニコール・キッドマン(ヒューマンとニコマン♪)に会いに行きたかったけど、我慢。
明日はおっちゃんのライヴー!

そして・・・、MTVにて、COLDPLAY埼玉公演の放送!!!!!きゃいきゃい☆

あの幸せな一週間のことを思い出せば、どんなに嫌なことがあっても生きていけます。

←どこの国のか知らんが、日本のよりかっこよかったので(おい)日本では23時からです。

ライヴは11日と12日どっちのなんだろう?12日の方がカメラクルーが多くてドタバタ大騒ぎしてた気がするし(アリーナだからそう感じただけ?)、11日は黒幕も番傘もなかったし、12日かな?それともいいとこどり?


一足お先に~♪ MTVフランスより。
Life in Technicolor ii - Live In Saitama, Japan | Coldplay | MTV France

追記1:オフィシャルに12日のって書いてありますね。
でも、Anchormanさん、Tokyo showは先月じゃなくて今月だったと思うけど・・・

追記2:日本のサイトにも大きい動画がありました。



あ、番傘が置かれたままだから(笑)これは12日だわ。12日が一番ステージ見にくかったから嬉しい♪
でも時間短すぎ・・・。日本公演じゃなくていいから、ツアーダイアリーと一緒に(←重要)ライヴDVD出してほしいよぉ!

ほんと楽しみです!でも明日は見れないな~。どっか海外のをライヴで見れるかな。
Reed more...
音楽 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。